2013年10月02日

官僚の力はこんなに強いのか 増税決定で分かった現実

安倍首相が増税を決定してしまいました。

昨日の18時からの会見を見て涙が出そうになりました。非常にショックです。TPP交渉参加を決めた時よりもショックを受けています。
安倍さんなら延期を決めてくれるんじゃないかと、微力ですがギリギリまでメールや意見フォームでの各所への陳情していきました。
孤立している安倍首相が増税延期の正しい判断を下せるよう、少しでも力となりたかったので。

増税を延期し、そのまま行けば「財政再建」も目標の数値まで税収増が見込めていたのに。。。

アベノミクス効果で税収4兆円増へ 消費増税強行なら景気は失速
この田村秀男さんの記事で明らかなように、アベノミクスの効果で既に税収は増えていました。

する必要のないことを、決めてしまいましたね。

昨夜NHKの報道番組に生出演していた安倍首相を見ました。
番組の中で、安倍首相は復興特別法人税を前倒しで廃止することについて語っていました。アベノミクスにより景気が上昇し当初の予測よりも増えた税収について「経済政策による果実」という表現をしていました。
その果実を復興のために使っていき更に大きな果実にするという話でしたが、更に大きな果実を得たいなら増税しない方が確実でした。せっかく果実が実るほどになったのに、残念です。

安倍さんという強い日本の総理大臣がいて、これから日本は憲法を改正していき、敗戦国からの脱却への道をたどっていくはずだという希望を持っていました。

そして、安倍政権の高い支持率はその経済政策によるものだと思います。経済は誰にとっても分かりやすいもので、生活に密接しているし、それがアベノミクスによって上向きになっているのは誰の目から見ても明らかです。政治に無関心な層でも安倍政権を支持するというのは当然の流れです。
でも安倍さんは増税を決めてしまった。残念ですが安倍首相叩きがじわじわと始まる恐れがあります。
デフレ脱却の鬼だったはずの安倍さん。
まだ日本はデフレを脱却していません。日銀短観でも大企業は回復して行っていますが、中小企業はマイナスの数値でした。これは公約違反です。叩く材料にもなってしまいます。
3月までは駆け込み需要によって良くても、消費税が実際に上がったら景気は落ち込みます。景気は気持ちが重要な要素だから消費や投資は大幅に減っていってしまう可能性が高いです。被災地の復興やオリンピックに向けてのインフラ整備などに取り組まれることはどの程度増税による悪影響を相殺できるか分かりません。おつりが来るほど相殺できれば運が良いですが、そもそも増税しなければこのような運任せにはならずに確実に日本の景気は復活するはずでした。
賃金を上げた企業の税金を優遇する制度の使い勝手を良くしていくと昨夜のNHKの番組内で安倍さんは言っていましたが、その制度に企業はどの程度反応を示すのか不確実です。

これでも戦後レジームからの脱却は可能ですか?

昨日の消費税増税決定という顛末を見て、「誰かが日本をまともにしてくれる」・・・自分以外の誰かを当てにする気持ちは間違いだと気づくきっかけとなりました。
一個人としては小さい存在だけれども、その個人個人が「どうしたらより良い日本を取り戻せるか」と真剣に考えて行動していくというのが必要だと思いました。
日本の危うい現状に気づく人が一人でも増え、自分で考えて行動する主体となる日本人が増えていくよう努力したいと思います。
一人一人が自分は何ができるのかを考えていければ、いずれ大きな力となり日本は変わります。

官僚という存在がこんなに大きな権力を持っているなんて、昨日まで全く分かっていませんでした。戦後の官僚制度を今後調べていこうと思います。更にGHQが行なったことについてもっと知識を深めたいと思っています。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 11:53| Comment(0) | 財務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。