2013年11月12日

中国事情に詳しい坂東忠信さんの記事を紹介します

元警視庁刑事 北京語通訳捜査官の坂東忠信さんの記事を紹介します。

那覇市中華風計画?の現状

板東さんは在日中国人の犯罪に詳しく、また中国本土の現状にも精通しています。その板東さんが「沖縄は危機的状況にある」と発信しています。

上記の板東さんの記事ですが、私が以前書いた記事と同じ問題をさらに分かりやすく伝えてくださっています。

嫌韓から日本の現状に気づき始め憂いをお持ちの方にこそ、板東さんが提起する中国の問題を是非知っておいて欲しいです。

経済的にも小さな国である韓国とは異なり、中国は日本にとって捨て置けない存在だからです。

確かに地理的には韓国という場所は重要だと言えますが、ここ最近の韓国は中国にすり寄る姿勢を隠していない為、もはや中国と韓国は一体だと考えた方が良いのではないかと考えています。
そうなると今日本が注視すべきは中国だと理解できます。(北朝鮮もまたしかりです。)


入口は嫌韓でも、更に一歩踏み込んで日本が身を置いている現状を深く見据える人が一人でも増えれば日本はきっと変わります!

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 21:53| Comment(0) | 他国からの侵略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。