2014年02月10日

今回はネットの情報じゃなくてメディアの数字が正しかった 今後にどう繋げていくか


都知事選、終わりました。

実は、私は田母神さんの著書は2冊ほど読んだ程度で、余りその人となりを知りませんでした。
でも今回の選挙で応援させていただいて、心底その人間的魅力に魅了された一人となりました。
私のような方は多いのではないかと思います。

田母神さんはとても優しく、楽しい人物で、周囲の人への配慮を忘れない、また自分の過去の言説に対して全くぶれない強さを持ち、そして政策を発表すれば具体的であり、自らの利益の為ではなく公の為に行動する人で、本当に素晴らしい日本人だと思います。
負けるかもしれない戦に、今回先頭に立った田母神さん、本当にお疲れ様でした。

田母神氏を応援した皆さん、ツイッター等で見ていると相当な努力をなさっていたようです。
厳寒の中でのポスティングやボランティア、ネットで田母神支持者を増やすべく活動された方、また家族など周囲の方々に田母神さん支持をお願いした方、本当にお疲れ様でした。

確かに残念な結果に終わりました。
でも日本の今後をどうにか良くしていくには、今回の選挙で得た情報を元に、今後どう行動したら同じ思いの仲間を増やせるかという事を考えていくきっかけとしなければならないと、私は思いました。

「泡沫から主要4候補になって、組織票が無い中、61万票を得た」と、喜んでしまうだけでは駄目だと思うんです。

これは田母神さんを候補者として立てた陣営の(チャンネル桜関係の)方が考えるべきことですが、初めからマスメディアが敵というのは分かりきったことなので、これへの対策を事前に考えるべきでした。
マスコミは、安倍さん然り、百田さん然り、親日本の立場の人を批判し封じ込めようとします。
田母神さんの存在も同様です。
朝まで生テレビや報道ステーションで不当な扱いを受けても、それは予想できたことです。
もちろんそういうマスコミの姿勢は批判して当然ですが、それを敗因としてしまうのは余りに安易すぎると思います。
それは当然あるものと予測しつつ、それへの対応を前もって考えておくというのが本来のあり方だと思います。

選挙戦の途中で、ネットのアンケートでは田母神さんが断トツで一位という結果がありました。
これによってネットの田母神支持者は私も含めて、期待感を増していましたが、実際にはテレビなどの報道通り4位という結果だったということを冷静に見なければならないと思いました。

マスコミは嘘ばかり言う。というのもある面事実です。
でも今回の順位に関しては、大方マスコミの発表の数字が当たっていました。
永遠の0の大ヒットという事もあり、日本を大切に思う人々が増えているというのも事実だと思いたいですが、今回の結果を踏まえれば、それほど多くは無いのだということが分かりました。
日本の右傾化と言われたりしますが、そんなことは無いという結果が出ました。

評論家の古谷経衡氏のこちらの記事が、的確にこのことを指摘していて大変参考になります。
都知事選で見えた「ネット保守」人口=250万人
(記事から引用)
日本は右傾化しているわけでもなく、ネットの世論が日本を変えているわけでも動かしているわけでもない。数字に基づいた冷静な判断と批評が必要である。250万人はこの国のマジョリティを代表するには遥かに及ばないが、また黙殺できる数の人々でもない。この事実が判明しただけでも、今回の都知事選は大変に意義のあるものであったと私は思う。
(引用終わり)

この数字が具体的に分かったことは今回の収穫でした。
ネットの愛国者は、これをしっかり受け止めて、今後どう行動したら良いかをそれぞれの立場で考えていったら今後に繋げていける!と思います。

また、ある調査結果によると、20〜40代までの世代の田母神さんへの投票率が高いというのも知っておくべき重要なことだと思います。
年代別投票結果.png

若い世代が目覚め始めているのは、確実です。

こういったことを今後どう生かしていったら良いのか。。

私自身に関して言えば、年代別の結果から、まず自分の両親に、思うところを諦めずにコツコツと伝えていきたいと思いました。
そして、同年代の友人知人にも、さり気なく伝えていこうと改めて感じました。
「何か宗教でもやり始めたの?」と冗談交じりに言われることもありますが、そういった反応を恐れずに地道に「日本てすごいんだよ」話、歴史、教育、おかしなマスコミ話などをもちかけていきたいと思います。

また、ネットでも同じ思いの人だけに情報発信するのではなく、新しい層に気づいてもらえる努力をしていきたいと思いました。

そして、これからの世代、つまり子どもたちに本当の日本の歴史、日本の良さを教えていこうと思います。

これは、長期戦になると思います。今は歴史特に近現代史や、帝国憲法や、戦前の教育、GHQの占領政策でなされたこと、経済に関してよく学んで力を蓄えていきたいと思います。



にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 13:58| Comment(7) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やまとさんの記事が今回の都知事選挙の結果を一番正確に分析していると思います。東京都民はバカだ!などというブログとは大違いですね。ご自分から積極的に歴史や経済を学んでいこうという姿勢もいいですね。応援しています。
Posted by yosinaripon at 2014年02月10日 21:48
やまとさん、こんばんは。ほっこりです(^^)。コメントにご返答を頂き有難うございます!やまとさんの仰る通りに、マスゴミなどが悪いなんてはじめから分かり切っていることなので、敗因を誰かのせいにする時点で言い訳に過ぎないと思います。曲者はちょっとしたことにでも目ざとく執拗に揚げ足を取りにくるのが彼らのやり方ですし(笑)、かなり彼らは浅はかな奴らだと思っています(笑)。気の毒なほど利己的で自己保身が一番ですしね。戦後アジア各国がなぜ軍事力に力を入れ軍を運用しているのかとかサヨクは本当に見る目がないし、すごく近視眼的な視点かなと私自身の反省も込めてそう観ている次第です。韓国は中国を取り込みたいのなら、自国で漢字教育をなぜやらないのか(笑)とか、サヨクはそういった思考やイメージは湧かないのかな、なんて思ったりします(笑)。韓国には是非漢字教育を施して自国の文献を読み漁って頂くことを心底願います(^^)。日本の建て直しのために気付いた人は、何が正しく何が間違っているか、お金がどう回っているのかとか、自分で問題追求してゆく習性が働き始めると思うのです。日本派因子は全国津々浦々に点在しているであろうし、オセロの白黒が今はほぼ黒の状態を白にひっくり返すには、戦略が不可欠ですし、徹底的に継続して考えぬく。なんて(^_^;)、私は元々児童福祉がキャリアですので政治経済なんてさっぱりわからなくて疎いわけですが(笑)、老若男女異業種交流はやはり大事なポイントかなと思ったりします。どの年代も大事であり、みんなが協力して生活しているのが日常であり、日常生活と政治経済がどう関連し繋がっているのかとか、分かりやすく語らないと、サヨクには響かないかもしらませんね(笑)。サヨク系は共産社民だけでなく、カトリックやキリスト教も繋がっていますもんね。「人権」という言葉が彼らの重要なキーワードの1つかと。言葉のすり替えに非常に長けてるというか。まさに三橋さんの仰るレトリックそのものと昨夜のニコ生を観た後、今こうして、やまとさんにコメントを書き込みながらふつふつといらいろと巡らしてます(^^)。感情論にいかに耐えるか(笑)、田母神先生や国会議員である石原さん平沼さん中山さんご夫妻などのように、「ブレない」とはどういうことを言うのか、一人一人が考えつつ日常生活の中で日々自己鍛錬する以外にないと思いますが(笑)、はてさて…(^^)。すみません、なんかまたいろいろ書き込みました。私は一応女性ですが(笑)、男性と女性はやっぱり違うので(笑)。ただ目的が「日本派」で一致するならば、諦めずに議論すればまとまるし裏切らないと思います。サヨク系は大抵何にでも人権平等主義が大義名分(笑)かと。その言葉の履き違えと思い込みに、いい加減にしろとぶちかましたいところですが、皮肉を言ってもなかなか通じないのがサヨク系(笑)。はてさてどうするか(^_^;)。長々とすみません。Twitterはロンドン五輪後に辞めたままですが、また始めるかどうか。ちなみにネットで毎日閲覧し拝読しているブログは、ねずさんと井口和基さん、日本と世界と宇宙の動向さん、Twitterは芦田宏直さんなどです。芦田先生も面白くてYouTubeにチャンネルありますのでお時間あるときに是非ご覧になられてはと思います。実際お会いして頂いたことがあり、ほんとに面白い方です。と、すみません長々と失礼しました(^_^;)。またコメントをさせて頂きます。よろしくお願い致します。
Posted by HNほっこり at 2014年02月11日 00:06
コメント追記失礼します。田母神先生の外国特派員協会の記者会見動画、中国軍事力について書かれてあるブログがあります。ご存知かと思われますが、余命3年時事日記さんです。このブログを始められた方は残念ながら昨年12月にお亡くなりになられており、私は田母神さんを応援し出してから、このブログに辿り着いたのが今年1月下旬です(^_^;)。とても興味深い内容がたくさん書かれていてびっくりしました。現実を知ることは大事ですね。逃げちゃいけないなあと。私も弱い、というより、自分の怠惰さ自分の中にある悪に負けてるというのが本当なんだろうなと思います。やまとさん、それではまた(^^)。
Posted by HNほっこり at 2014年02月11日 00:42
どれだけネットで人気だろうと少なくとも今の段階では何の意味も成さないと言うことです。
何処のコメント欄で神格化されようと、便所の書き込みには代わりは無いんです今の段階では。
それに「ネットで」と付くだけ胡散臭さが抜けないのも事実。
それでも票を60万近く集めれたことは成果はあったのではないかと思いました。
元の職業もあって過激なイメージが消えないのは仕方ないの無い話なのかもしれません。
何であれ日本がアジア諸国含めた世界の各国と良い付き合いができるといいですね。
Posted by M&I at 2014年02月11日 08:32
yosinaripon様、コメント嬉しいです。ありがとうございます。
すごく励みになります。頑張っていこう!と思えました。
Posted by やまと at 2014年02月11日 10:42
HNほっこりさん、こんばんは!
中山成彬さん、恭子さんのご夫妻は、私の理想の夫婦なんです。本当にご夫妻ともぶれないですよね。
おすすめのブログやtwitterをたくさん教えてくださってありがとうございます。ねずさんのブログは何度か読ませていただいていましたが、他の方は知りませんでした。早速検索して読んでみたいと思います。
そうですね。左翼の人々は話が通じないような印象です。議論していていると消耗するだけのような。。。
ただ、新聞やマスコミにはこれからどんどん厳しい姿勢を示して行こうと思っています。私のような一般人でも批判する声を上げる数が増えれば、スポンサーがつかなくなりますので。ネットだけでなくリアルでも動こう!というのがここ最近の目標です。
Posted by やまと at 2014年02月11日 19:47
M&Iさん、コメントありがとうございます。
確かにネットの愛国者は、今の段階ではその数が今一歩という事が今回露呈してしまったと思います。
でも、徐々にその勢力が増えていっているのも事実です。その勢いを更に加速させるべく進んでいくしかない、と私は思っています。
Posted by やまと at 2014年02月11日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。