2014年02月20日

教育委員会制度改革についての雑感

教育委改革案の要旨(産経ニュース)

(記事から引用)
 【目的】教育の政治的中立性、継続性・安定性を確保しつつ(1)責任の明確化(2)迅速な危機管理対応(3)首長の意向の反映(4)国との関係−について改善を図る。

 【新「教育長」】教育長と教育委員長を統合した責任者である新「教育長」(仮称)を置く。首長が議会の同意を得て、直接任命・罷免する。任期は2年とし、他の教育委員は4年。

 【総合教育施策会議】各自治体に首長が主宰する総合教育施策会議(仮称)を設置する。首長、新「教育長」、有識者らで構成され、首長のリーダーシップの下に教育行政の方針、教育施策を調整する。

 【国の関与】法令違反などで、教育を受ける権利が侵害されているのが明らかな場合以外でも文部科学相が対応できるよう地方教育行政法49条(是正の要求)を見直す。児童、生徒の生命、身体の保護のため、再発防止の措置が必要な場合にも対応できるよう50条(是正の指示)を見直す。

 【教育委員会】教育委員会を執行機関とする。法令違反や学校での事故への対応、事後対応が必要な場合は、首長が教育委員会に対して措置要求を行えることとする。
(引用終わり)



「教育長」と「教育委員長」

教育委員の一人でありつつ常任で事務を司る教育長と、教育委員会のお互いの中から選ばれる非常勤の教育委員長という紛らわしい二つの「長」がありました。

これが今回の教委改革で、一つに統合されることになります。どこに責任の所在があるのかが明確になります。
そしてこの新「教育長」は首長によって任命されます。例えば都知事なら今は舛添氏が任命します。

そして地方自治体のトップである首長が主催する「総合教育施策会議(仮)」で教育政策である大綱的方針を策定し、その策定の権限が、現行の教育委員から首長に移ります。

また、文部科学大臣が教育委員会に是正要求や支持などの対応ができる要件の範囲が拡がります。


教育委員会の中立性は保持し、しかし責任の所在が明確にするという方向になっていると思います。
また首長の権限が現状より拡大しています。

これは首長は選挙で民意を反映して選ばれるという、民意を信頼した上での、形骸化した教育委員会の改革なのだと思いますが、この度の都知事選挙の結果を踏まえると、少々複雑な気持ちになってしまいました。
その首長が日本を大切にするという考えの持ち主なら危惧はしませんが。
親中、親韓など反日思想を持っている知事だとしたら・・・その上での教育政策が進められてしまうのではないかと不安になります。

地方首長・地方議員その他の売国奴
このリストを見ると、共産党員だったり元中核派だったり、中国の言いなりだったりする自治体トップが数名並んでいます。
都知事である舛添氏にしても、関東大震災の時に朝鮮人虐殺があったなどという発言をしたり、外国人参政権を推進していたり、特定の外国を利するような言動が非常に目に付きます。

本当に首長に権限を預けて大丈夫でしょうか。。。

確かにいじめなどの問題が起きた場合に責任のなすりつけ合いのようになったり、事実を隠し立てしたりということはあってはならない事です。
子どもを守るべき立場の者が、何か起きた場合に自己保身に走るということは、傷ついた子どもさんや保護者のことを考えたらこんなに酷い行為は無いです。
こういったことも、今回の教育委員会改革が必要だという議論のきっかけの一つになったのだと思います。

どんな首長が立ったとしても教育に悪影響を及ぼされないようなセーフティネットが何とか出来ないものでしょうか。
今回の改革案をよく見てみると、国と教育との関係の改善を図るという文部科学大臣の是正要求というのがこれに当たるのかもしれないと思いました。

参考までに新聞赤旗の記事を引用したいと思います。
教育委員会「改革」教育の政治支配狙う「戦争する国」づくりへ
(引用はじめ)
第三に、文部科学大臣の権限を強化します。現行法では、「教育権の侵害」などでしか「是正指示」はできず、竹富町の教科書問題では指示がだせませんでした。それが出せるようになります。
(引用おわり)

「竹富町の教科書問題」というのは、平成23年竹富町を含む地区の教科書採択地区協議会が育鵬社版の公民教科書を採択するよう答申し、これを受けて竹富町の教育委員会が育鵬社の教科書の採択を拒み、東京書籍の教科書を採択したという問題です。この問題が教委改革後に起きたとしたら、文部科学大臣が是正指示を出すことができます。
私は、育鵬社の教科書は、現行の教科書の中では一番まともな教科書だと思っていますが、現行憲法が素晴らしいと思っている人にとっては受け入れがたい教科書です。
この採択を拒んだ竹富町に政府が、答申通りの採択をするよう指示を出せるということになります。
ということは確かにセーフティネットと成り得ます。


教育委員会は、戦後にGHQが設置するよう勧告し、できたものです。
とことん日本弱体化を推し進めてきたGHQですから、この教育委員会設置も教育に国からの指示が届かないようにすることが目的だったのだと思います。
やはり改革は必要です。


組織票は強いですが、よりまともな首長を選べるよう、これから私達有権者は心して選ばなければなりません。
選挙結果がそのまま、子ども達への教育に大きく影響するからです。

今回の舛添都知事となった経緯を考えると、自公連立を一刻も早くどうにかしなければならないとの思いが強くなります。

田母神さんも19日のブログ記事の中で仰っています。
(ブログから引用)
戦後レジームからの脱却、憲法改正、国防軍構想、これらに対し公明党は反対であり、与党内野党として安倍総理のやろうとしていることを妨害しているようにしか見えない。日本に自民党の右側にしっかりとした柱を立て、自民党しっかりやってくれという健全野党が生れ、自公連立を解消して、健全野党と自民党による新たな政権が誕生しなければならない。(引用終わり)

政界再編への風をどうにかして起こしていかなければ、と思います。
最近の維新やみんなの党の動きに注目しています。
こんな報道もありました。
維新の石原氏、みんなの渡辺氏が連携一致 政策協議再開へ



にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 23:52| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やまとさん、こんばんは。コメ有難うございます(^^)。ソチ五輪、感動することがたくさん有り選手の皆さんを始め関係者の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。今夜は閉会式ですが、パラリンピックが後に控えているのに、閉会式をなぜやるのかな、もったいない感じもします。パラリンピック終了の時にまとめてやればいいのにと思っています(笑)。さて、河野親子、全く利己的で呆れるばかりです。元々半島系の方なんでしょうか?日本派以外の議員(あらゆる議員を含む)には、税金を使って欲しくないです。また「党」って良いようで悪いような気もして、一人ひとりが自立した議員として活動してくれないと、いくら法律で決められているからと言って自動的に入る税金を湯水のように使われている感じもしないでもなく、なんか、一度壊れた方がまだマシなんじゃないかって思ったりします。奇跡のりんごの木村秋則さんや彗星ハンターの木内鶴彦さんなど、病気で臨死体験をしたり不思議な体験をお持ちなのですが、彼らは地球があと100年持たないと知らされていることでスピリチュアル筋や未来透視筋の人たちから一目置かれています。私は日本の神々様や仏様ご先祖様に祈るようになってから、恨み憎しみがいつの間にか薄れてゆき、祈ることの尊さを教えて頂きとても有難く思っています。宗教団体に入信していません(笑)。私はロクな人間ではなかったので(^_^;)、ご先祖様や両親の徳で生かされているんだなって、つくづくそう思っています(^^)。河野親子だけではなく、戦後は食事やら肝心の教育が、いかに骨抜きなものに変えられ、田母神さんの仰るように、日本の弱体化のために情報操作されてきたこと、それに立ち向かって来られた少数の日本派の方々のご尽力を無駄にしてはいけないなあと強く思うのであります。両親と私は教育勅語は当たり前のこと人として生きる上で大事なことが書かれているという認識ですが、私の兄は全くそうは思っていません。家族の中で思考がバラバラです。日本は古来より利他主義の国です。日本以外の国々はそうではないです。白人優位主義も事大主義も全く馬鹿げています。なんて低レベルなんだと思っています(笑)。二つとも利己主義です。それになぜ気付かないのか私は理解出来ません(^_^;)。日本以外は嘘をついて自分たちの意に添わないなら殺すというやり方です。だから、まともな人は殺され、バカがトップにたち、まともな人材育成と自然の手入れを怠り、地球の命を奪ってる。日本は古来より自然崇拝とご先祖様を大切にしてきた国、全く他国とは異なります。昔の地球は元々緑豊かであったと言われています。しかし、使ったら使いっぱなしで育てることを怠った結果、緑は失われ砂漠化し、また都市化でバランスが崩れてしまっています。長々と済みません。なかなかこういう話題を話せる人が周りにいなくて、つい同じ日本派支持のやまとさんにぶつけてしまっていることをどうかお許し下さいませ。今は悪い事をしたらすぐにバレる、そんな時期なのだと仰る方もいます。建て直しとは、一度壊して更地にした状態から、新しく構築するという意味と知りました。まさに伊勢神宮の式年遷宮のことだなと思いました。世界が平和となるように祈れない人の分も祈れるように頑張りたいと思います。またお邪魔させて頂きます(笑)(^^)。
Posted by HNほっこり at 2014年02月23日 23:00
HNほっこりさん、こんばんは(^―^)
ソチオリンピックは本当に感動的でしたね。私は特に浅田真央選手、羽生結弦選手に大きな気づきをもらいました。

そうですね。確かに政党交付金ってすごい額ですよね。親中親韓反日の面々には税金を本当に一切渡したくない気持ちです。
長い年月これからもかかるかもしれませんが、憲法を改新し歴史道徳教育もあるべき姿に戻し、日本をまともな国にしていきたいです。
熱い思いの同じ日本派同士であるHNほっこりさんのコメント、いつも嬉しいし勇気付けられます。
Posted by やまと at 2014年02月24日 23:50
pdf版(*^ヮ゚)σ(http://para-site.net/up/data/40903.zip)
中央教育審議会 教育制度分科会 御中

教育委員会制度改革においては、
以下のポイントに関して留意する必要があると考えられます。
教育からの政治の排除
理由は、
間接侵略を防ぐためです。
そのための施策として考えられるのは以下の方法です。
PTAが現行の教育委員会の役割を担う
以上

m9(゚∀゚)Идиот!> номенклату́ра
נומנקלטורה עמלק
Ceterum autem censeo, Nomenklaturam esse delendam.

m(ΦωΦ)m<ウニャウニャ)
*****************************************************
v(^o^)v デイジー 春九千(Chun Jiuqien)
( x ) デイジー http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7659/
m m> イマナンジー e-mail:chunjiuqien@infoseek.jp
*****************************************************
Posted by 春九千 at 2014年04月21日 01:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。