2014年03月11日

【東日本大震災3年 第2部・復興のいま】【東日本大震災3年 第3部・こころのいま】産経ニュース

最近できた友人に、福島県から家族で避難している方がいます。
その方はもう福島には帰らないだろうと言っていました。
大変な決意で県外に避難してきたのだと思います。微力でも少しでも友人の力になりたいと思いました。
それには「知る」ことがまず必要です。
それからいつも忘れないでいたいと思います。他人事じゃないと胸に刻みます。


【東日本大震災3年 第2部・復興のいま(上)】
福島から来た隣人 「もう帰れない」覚悟の移住
「人が住まなければ復興とは言えない。人を増やすためには原発事故の福島の人に来てもらうほかない」
(中略)
「帰りたいけども、帰れない。もう3年になる。仮暮らしといっても、3年もたったら、仮でなくなる」


【東日本大震災3年 第2部・復興のいま(中)】
復興住宅ようやく入居 「未来の空室」重い維持費
「復興住宅」と呼ばれる災害公営住宅。会計検査院によると、8県の56市町村で計2万5千戸を建てる計画が進んでいる。このうち岩手、宮城、福島3県だけで2万4600戸に上る。

 立命館大学の塩崎賢明教授(66)=住宅政策=は「被災者に最も頼りになる住宅だ」としつつ、「大量の住宅がいつまで利用されるのか」と指摘する。

 「建設時は国の補助金が入るため自治体は建てやすいが、すでに高齢に達している被災者が入居しても、減少は避けられない。過疎化と人口流出が進んだ被災地で、新たな入居者が期待できるのか。空き家の維持管理を誰が担うのか」

 大槌町の場合、計画戸数は980戸。うち県管理の250戸を除いた730戸が町営となる。町の試算によると、維持管理に年間2億5千万円かかる一方、家賃収入は全戸の入居が完了する4年後の平成30年をピークに減り始める。14年後の40年以降は、入居率が下がり、国の家賃補助も終わるため、赤字に転落する。



【東日本大震災3年 第2部・復興のいま(下)】
変わる「更地」の風景 自宅跡はメガソーラー
市政策企画課の山田健司主事(27)は「津波浸水地の復興は今後の課題だが、発電所以外、まだこれといった案はない」と話す。被災地では震災後、各地でメガソーラー計画が進んでいる。
(中略)
仮店舗の南500メートル。津波で浸水した新日鉄住金の跡地に来月14日、市が誘致した商業施設「イオンタウン釜石」が開業する。同社の被災地への新規出店は初めて。東京ドームと同じ広さの延べ床面積4万6千平方メートルに56店が入り、盛岡市の書店チェーンも来る。

 桑畑さんは「にぎわいが生まれる」と期待を寄せる半面、「品数も豊富だろうし、客はあちらへ流れるのではないか」とも話す。




【東日本大震災3年 第3部・こころのいま(上)】
増える震災関連自殺 将来の道筋どう見守る
内閣府によると、昨年1年間に東日本大震災や原発事故との関連で自殺した「震災関連自殺」は、被災3県で前年より13人多い37人。岩手4人(4人減)、宮城10人(7人増)、福島23人(10人増)だった。

 とりわけ、福島での自殺者は毎年増えている。(中略)
センターの代表理事で、前岩手県宮古市長の熊坂義裕医師(62)は「震災から3年になり、将来の展望が見えてきた人と、そうでない人の格差が広がり、二極化している。阪神大震災でも3年で自殺者が増えたと聞いている。非常に危惧される状況だ」と語る。


【東日本大震災3年 第3部・こころのいま(中)】
不登校じわり増加 終わらぬ非日常、ケア大切
津波を見たり、避難所で過ごしたり、トラウマになるような経験はしていないのに」と母親は言う。だが、仮設暮らしは2年半を超え、通学する小学校は他校に間借りしたまま。親しかった友達も転校した。取り巻く環境は今も「非日常」の中にある。(中略)「震災をただ恐れるだけでなく、自分にもできることがあるんだということを学んでほしい。自分は誰かの役に立つという感情が、自信につながる」


東日本大震災3年 第3部・こころのいま(下)】
自治体職員の苦悩 「仕事の終わり見通せぬ」
町長を含む職員40人が犠牲になった大槌町に、遠野市役所から派遣されている昆悠一主任(36)は「どれだけ働いても仕事に終わりが見えない。現場はぎりぎりの状況だ」と明かす。宮城県石巻市は昨年2月、市職員に健康調査をした。回答者1385人のうち14%に当たる192人が「眠れない」「あまり眠れない」と答えた。体調については「悪い」「あまりよくない」が1割を超えた。

 調査を分析した東北大学の若島孔文准教授(42)=臨床心理学=は「石巻では業務量が震災前の4倍に増え、ストレスの一因になっている。調査は1年前のものだが、職員が足りない状況は慢性化しており、現時点で大幅に改善しているとは考えにくい」と話す。



震災で身にしみた「一日の貴さ」 文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司
東日本大震災の衝撃によって、「一日」は「一日」のものを学べば足れり、という「敬虔」さと「一日は貴い一生である」という覚醒が与えられたからである。

 ふと3月11日のところを見たらこの日の聖書の引用はヨハネ伝12章24節の「まことにまことに汝(なんじ)らに告ぐ、一粒の麥(むぎ)もし地に落ちて死なずばただ一つにてあらん。もし死なば、多くの実を結ぶべし」であった。何か偶然ならざるものを感じさせることであった。(しんぽ ゆうじ)




にほんブログ村


人気ブログランキングへ

posted by やまと at 22:50| Comment(2) | 日本の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これも忘れちゃいけないよ。

被災者より高額の援助を 特亜留学生 にいち早く実施した文部科学省 。
おまけに、災害後本国へ逃げ帰った特亜留学生たちに、再入国航空運賃をプレゼント。
日本人は奨学金を借りたものほ、一生返し続けなければいけませんが特亜留学生には毎月 17万〜20数万 の奨学金が返済不要で税金からプレゼントされます
Posted by 学生 at 2014年03月17日 17:49
学生様、コメントありがとうございます。

http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1305145.htm
これですね。知りませんでした。

奨学金も本当に腹立たしいことですね。こういった事実を知らない日本人、たくさんいるんじゃないかと思います。拡散していかないといけないなと改めて思いました。
Posted by やまと at 2014年03月18日 10:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。