2015年07月05日

中国株価暴落 計画的な空売りが引き金か  新唐人テレビより



動画の中で、興味深い内容の発言がありました。

「今回の空売りについて、中国の有名な大学教授5人は7月2日、「十分な資金と豊富な経-験があり、特に指数先物(しすうさきもの)やETFを利用するなど、複数犯によるプロ-の仕業だ」と指摘しました。
この暴落については、「よくて株式市場が死に、最悪だと社会の混乱を招く」と述べ、「-このパワーは海外ではなく、国内から来ている」と断言しました。
また中国のネットには、「単純な株式問題ではなく、背後に激しい政治闘争がある。混乱-を招き、改革を阻むのが狙いだ」との発言が見られます。有名な学者、呉稼祥(ご・ぐし-ょう)氏も同感だと述べました。
ただし海外メディアから見ると、中国の株式市場はそもそも政府に制御されています。」

今回の上海株の暴落、背後に政治闘争があるのでしょうか。
東シナ海、南シナ海の状況とともに、今後の動向に注目したいと思います。
【関連する記事】
posted by やまと at 22:07| Comment(0) | 中国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。