2015年07月09日

中国の株価暴落、目が離せません

中国の株の暴落についてのニュースを、時間があると検索するのがここのところの私の日課となっています。

中国事情に詳しい元通訳捜査官の坂東忠信さんも、中国株の暴落についてブログで言及しています。

中国「株式災害」にダンマリのNHK
http://ameblo.jp/japangard/entry-12048009788.html

このブログの中で中国側の株関連のニュースが翻訳され紹介されています。
その中にとても気になる箇所があったので、引用紹介させていただきます。

「多くの人々の分析では、株式の災害の拡散と蔓延は中国金融界を燃やし尽くすだけでなく、すでに政治に対する危険性をはらんでいるという。」

!!!
やっぱり。。。
そうなんですね!

「今回の株式大暴落の背後には「作戦と戦法を連携する道士の専門分野の力」という国内勢力があり…」

上記の翻訳文、ちょっと意味が分かりにくいですが、ある意図をもって動いているプロ集団の力による影響が背後にある…ということでしょうか。

「ある見解によると、中国大陸の株式市場にもし崩壊の状況が出現した場合、連鎖反応を引き起こし、申告な株式災害は中国共産党に政治的効きを及ぼして、場合によっては共産党政権と中共最高指導者の安定にに脅威を与えるため、これらは疑いの余地なく執政党による深刻な警戒を引き起こすだろう。」

中国の株式、売買を停止する動きがありますが、以下のニュースを読むとそんな状況でも下落に歯止めがかかっていない様子が分かります。

「異常事態」の中国株市場、商品や株式にグローバル投資家の売り
ロイター7月8日(水)16時11分配信

これは、、
ついに「その時」が始まったということかもしれません…




posted by やまと at 10:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。