2016年11月07日

君の名は。神道と古事記と(ネタバレ注意)

君の名は。を観に行ってきました。
久々のブログ更新ですが、今回はこの映画について振り返ってみたいと思います。

新海誠監督の作品は初めて観ました。
公開が始まった時に、特に思い入れはなく家族が観に行った話を聞いて興味が湧いたような感じです。
RADWIMPSのサントラを聴いたりする内に次第に「観たい!」と思うようになっていきました。

思春期感満載の胸キュンストーリーですが、それだけじゃないメッセージが幾重にも散りばめられているように感じました。

特に私が感じたのは、古事記とのリンクです。
映画最後に三葉と瀧が声を掛けるというシーンがあります。
二人が相手を互いに意識しながら、三葉は階段を下り、瀧は上っていき何も話さずすれ違います。
その後、二人は立ち止まり瀧が三葉に声を掛けます。
ここで三葉も涙を流しながら応えるという印象的なシーンがあるのですが、観た後にしばらくしてから
これって古事記の伊耶那岐(イザナギ)と伊耶那美(イザナミ)が声を掛ける順序に似ていると気付きました。

古事記では、次のような国産み神話があります。

まず初めに女性であるイザナミが「なんて素敵な男性なのでしょう」と言ってイザナギに声を掛けてから結ばれます。ですが、この後国産みがうまくいきませんでした。
それで天の神に占ってもらったら、「女性から声を掛けるのはよくないから戻って言い直しなさい」というお告げがありました。
このお告げの通りに、今度は逆に男性であるイザナギから「なんて素敵な女性なんでしょう」と声を掛け結ばれました。
その後の国産みで大八島(日本列島)が産まれたというお話があります。

ちなみにイザナギとイザナミは同時に生まれた一組の男女の神です。
君の名は。の三葉と瀧も二人で一つのような、ツインソウルのような印象を持ちました。
映画の中でも「かたわれ」と言っていましたね。
イザナギとイザナミ、三葉と瀧はそれぞれ二人でひとりという、互いに無くてはならないお互いを補完するような存在なのだと思います。

映画の中では、三年のタイムラグがある三葉が、中学生の瀧に会いに行くというシーンがあります。
このシーンで最初に声を掛けたのは三葉なんです。
勇気を振り絞って満員電車の中で声を掛けるのですが、
三年前の瀧は三葉を知るはずもなく、三葉は瀧から「誰?お前」と言われてしまいます。
失意の三葉。
古事記のように、女性から声を掛けるとうまくいかない二人。
でもここで名前を聞かれ、組紐を瀧に渡します。

出会った時に声を掛けるのが男性からだとうまくいく…まさに古事記とのリンクだと感じました。

後で、三葉という名前は古事記に出てくる神から取った名前だと知りました。
新海誠監督がツイッターで「三葉の名の由来、直接的にはミヅハメ、水の女神からです。」
とつぶやいていたそうです。
やっぱり!という感じがしました。
イザナミが産んだ尿の神の名前が弥都波能売神(みづはのめのかみ)って言うんです。

この映画の中では「結び」とか、古事記とリンクする言葉が他にも散りばめられています。
古事記には高御産巣日神(たかみむすびのかみ)という神が出てきます。
また結びには「むす(生命)」、「び(太陽)」という意味があるそうです。

小説の君の名は。には、おばあちゃんのこのような台詞があります。
「糸を繋げることもムスビ、人を繋げることもムスビ、時間が流れることもムスビ、ぜんぶ同じ言葉を使う。それは神様の呼び名であり、神様の力や。ワシらの作る組紐も、神様の技、時間の流れそのものを顕しとる」

「全部同じ言葉を使う」
何気ない台詞ですが、この映画のタイトル「君の名は。」は名前が大事なんだというメッセージを帯ていると感じました。

新海誠監督は、こんな風に日本の若い人達に向けて、神道や古事記の神話をメタファーとして発信してくれたことに本当に感激です。

戦前は古事記を子どもが習うのは当たり前だったそうです。昔の教科書にも古事記の話が載っていました。
それをGHQが禁じてから、日本に誇りが持てなくなってしまった日本人。
でも映画というたくさんの人に届けられる媒体で、こんな素敵なストーリーに乗せて日本の神話を含めて語ってくれたということに、心から喜びを感じています。




posted by やまと at 12:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

中国の株価暴落、目が離せません

中国の株の暴落についてのニュースを、時間があると検索するのがここのところの私の日課となっています。

中国事情に詳しい元通訳捜査官の坂東忠信さんも、中国株の暴落についてブログで言及しています。

中国「株式災害」にダンマリのNHK
http://ameblo.jp/japangard/entry-12048009788.html

このブログの中で中国側の株関連のニュースが翻訳され紹介されています。
その中にとても気になる箇所があったので、引用紹介させていただきます。

「多くの人々の分析では、株式の災害の拡散と蔓延は中国金融界を燃やし尽くすだけでなく、すでに政治に対する危険性をはらんでいるという。」

!!!
やっぱり。。。
そうなんですね!

「今回の株式大暴落の背後には「作戦と戦法を連携する道士の専門分野の力」という国内勢力があり…」

上記の翻訳文、ちょっと意味が分かりにくいですが、ある意図をもって動いているプロ集団の力による影響が背後にある…ということでしょうか。

「ある見解によると、中国大陸の株式市場にもし崩壊の状況が出現した場合、連鎖反応を引き起こし、申告な株式災害は中国共産党に政治的効きを及ぼして、場合によっては共産党政権と中共最高指導者の安定にに脅威を与えるため、これらは疑いの余地なく執政党による深刻な警戒を引き起こすだろう。」

中国の株式、売買を停止する動きがありますが、以下のニュースを読むとそんな状況でも下落に歯止めがかかっていない様子が分かります。

「異常事態」の中国株市場、商品や株式にグローバル投資家の売り
ロイター7月8日(水)16時11分配信

これは、、
ついに「その時」が始まったということかもしれません…




posted by やまと at 10:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

「民主党!ちゃんと仕事しろ」と言いたい


西村幸祐さんのツイートや、


百田尚樹さんのツイート


を見てほんとに「そんなことどうでもいいから、ちゃんと仕事しろ!」と言いたくなりました。

特にエボラ。
昨夜日本に初のエボラ熱患者か?との事態があったにも関わらず、感染症関連の法案の邪魔するなんて言語道断です。
とりあえず現状は感染していないとの検査結果が出たのは良かったです。
でもこの人がうわさのジャーナリスト氏なのであれば、西村さんのfacebookを見るとこの人がエボラ熱患者との接触があったとも取れる記事が出ているし、まだまだ余談は許さない状況かもしれません。

そんな状況の時に騒ぎ立てる問題なのか、そこのところを民主党には自問してほしいです。


元警視庁通訳捜査官の坂東忠信さんのブログ記事
この機会に不祥事を洗い直しましょう。

上記のブログを読んでいただくと分かるとおり、民主党の不祥事に比べたら何てことない問題じゃないですか?
【民主党の不祥事年表】
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/434.html

五月蝿い奴らには「拡散」の鉄槌を下してやりましょう!



にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 13:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。