2014年03月03日

この若者は本当に素晴らしい!羽生選手のインタビューに感動しました


ごめんなさい。もうご存知だと思いますが、今日初めて目にして余りにも感動したのでブログに残したいと思います。
羽生結弦選手は、日本の誇りですね。

羽生結弦インタビュー(フィギュアスケート男子シングルショートプログラム後)

「日本の国旗が一番端っこの方にあったので、ロシアの国旗の方の隣にあったので、日本の国旗にありがとうございましたっていうことを伝えました。
やはりオリンピックっていうのは、やはり日本代表っていう事をものすごく感じますし、まぁ時にはそれが重いなという感じもするんですけれども、今回は本当に日本を背負って、日本の代表として誇らしい結果を出せたなという風に思ったので、まず日本の国旗、日本の国と、あと応援してくださった日本の方々に感謝の気持ちを込めました。」

羽生インタビュー.png

羽生選手のご両親、素晴らしいです。

何でもフィギュアスケートというのは、一流レベルの選手にまで育てるには非常にお金のかかるものなのだそうですが、羽生選手のご家庭は一般の中流家庭だという情報をネットで見ました。

お母様は衣装を手作りなさったり、金銭面でも大変な努力をなさったのではないかと思います。

そして、金銭面だけでなく、このように自然体で日本の国や国旗への敬意を抱けるような人に育てているという事も、それ自体が素晴らしいです!

子を持つ親として、私はこのことに今回のソチオリンピックで非常に大きな気づきと感動を覚えました。

ともすると日常生活の忙しさや、親本人の自分の事を優先させたい気持ちが先走ってしまいがちなのですが、羽生選手のご両親(高橋大輔選手のご家庭も)の存在を常に忘れないようにしたいなと思います。

そして日本の子ども達には、このような金メダリストの言葉を伝えていきたいです。

羽生選手への憧れから、日本を愛する気持ちが芽生えるんじゃないかなと思います。

マスコミは封じるんだろうけど。。。もう大手メディアだけの時代じゃないし!

フィギュアファンや羽生選手のファンも保守への道に気づいてくれるかも・・・と淡い期待を抱いています。


にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 13:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

羽生結弦 日の丸動画、君が代斉唱表彰式フル動画 やっと見れた!


ソチオリンピックが終わりましたね。

感動させていただきました。特にフィギュアには大変心を動かされました。

日本男子フィギュアでの初の金メダル。すごいです。

羽生結弦選手、金メダルおめでとうございます!

羽生日の丸.jpg

羽生選手の演技を見れてなくて。
史上最高得点を取ったショートや、フリーの演技はyoutubeで見ることができました。
それから日の丸をまとった動画がすごく見たかったのですが、探しても見つかりませんでした。。。

金メダリストが日の丸を持った映像が流れたらマズいってことですかね?
同じような疑問を持った方がいらしたようでyahoo知恵袋にこんな質問がありました。

羽生結弦選手についてです。 私は羽生結弦選手が金メダルを獲得した事 とても嬉し...
「ネットなど見ていると日の丸を背負った羽生選手の画像が よく出てくるので、
動画が見たいと思い 調べたところ全く出てきません。」(質問から一部抜粋)

この質問への回答を見て、やっと羽生結弦選手の日の丸動画を見つけることができました。
http://video.fc2.com/content/20140215KNGv6mNJ/&otag=1&tk=TmprME1ESXlNak09

それから、表彰式での君が代斉唱の動画も(これはNHKのサイトで公開されていました。)
<ノーカット>羽生結弦 表彰式 フィギュア 男子シングル

国旗をきちんと畳む姿にも感動です。

それから羽生選手は会見で素晴らしい言葉を残しています。

羽生が一夜明け会見、安部首相からの電話に「最高の結果を得られた」
(デイリースポーツ)
(引用はじめ)
日本男子初の金メダルを獲得した羽生結弦(19)=ANA=が快挙から一夜明けた15日、会見を行った。
冒頭では安倍晋三首相から祝福の電話。首相から「被災地の方々も喜んでいます」と声を掛けられると、「たくさんの方々のおかげで最高の結果を得られた。力になれれば嬉しい」と、緊張しながら受け答えした。

 会見では「日本男子で初めてこうやって金メダルを取れて嬉しい。女子初が荒川さんで、男子初が僕で、2人とも宮城出身。それを夢見てきたので、実際に叶ってうれしい。これからも日本国民として恥じない、日本人らしい人間になれるように努力したい。時や場所を選ばずにノーミスでできる強い選手になりたい」と、笑顔を浮かべた。
(引用終わり)

こんな人柄の若き金メダリストがいるなら日本はきっと大丈夫だと心強く思えた言葉でした。



おまけ
町田樹選手のエキシビションがニコニコ動画で話題です。
ソチ以前にもこんなにユニークな演技をしていました。
日本の男子フィギュア良いですね。一気にファンになりました。






にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 23:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

教育委員会制度改革についての雑感

教育委改革案の要旨(産経ニュース)

(記事から引用)
 【目的】教育の政治的中立性、継続性・安定性を確保しつつ(1)責任の明確化(2)迅速な危機管理対応(3)首長の意向の反映(4)国との関係−について改善を図る。

 【新「教育長」】教育長と教育委員長を統合した責任者である新「教育長」(仮称)を置く。首長が議会の同意を得て、直接任命・罷免する。任期は2年とし、他の教育委員は4年。

 【総合教育施策会議】各自治体に首長が主宰する総合教育施策会議(仮称)を設置する。首長、新「教育長」、有識者らで構成され、首長のリーダーシップの下に教育行政の方針、教育施策を調整する。

 【国の関与】法令違反などで、教育を受ける権利が侵害されているのが明らかな場合以外でも文部科学相が対応できるよう地方教育行政法49条(是正の要求)を見直す。児童、生徒の生命、身体の保護のため、再発防止の措置が必要な場合にも対応できるよう50条(是正の指示)を見直す。

 【教育委員会】教育委員会を執行機関とする。法令違反や学校での事故への対応、事後対応が必要な場合は、首長が教育委員会に対して措置要求を行えることとする。
(引用終わり)



「教育長」と「教育委員長」

教育委員の一人でありつつ常任で事務を司る教育長と、教育委員会のお互いの中から選ばれる非常勤の教育委員長という紛らわしい二つの「長」がありました。

これが今回の教委改革で、一つに統合されることになります。どこに責任の所在があるのかが明確になります。
そしてこの新「教育長」は首長によって任命されます。例えば都知事なら今は舛添氏が任命します。

そして地方自治体のトップである首長が主催する「総合教育施策会議(仮)」で教育政策である大綱的方針を策定し、その策定の権限が、現行の教育委員から首長に移ります。

また、文部科学大臣が教育委員会に是正要求や支持などの対応ができる要件の範囲が拡がります。


教育委員会の中立性は保持し、しかし責任の所在が明確にするという方向になっていると思います。
また首長の権限が現状より拡大しています。

これは首長は選挙で民意を反映して選ばれるという、民意を信頼した上での、形骸化した教育委員会の改革なのだと思いますが、この度の都知事選挙の結果を踏まえると、少々複雑な気持ちになってしまいました。
その首長が日本を大切にするという考えの持ち主なら危惧はしませんが。
親中、親韓など反日思想を持っている知事だとしたら・・・その上での教育政策が進められてしまうのではないかと不安になります。

地方首長・地方議員その他の売国奴
このリストを見ると、共産党員だったり元中核派だったり、中国の言いなりだったりする自治体トップが数名並んでいます。
都知事である舛添氏にしても、関東大震災の時に朝鮮人虐殺があったなどという発言をしたり、外国人参政権を推進していたり、特定の外国を利するような言動が非常に目に付きます。

本当に首長に権限を預けて大丈夫でしょうか。。。

確かにいじめなどの問題が起きた場合に責任のなすりつけ合いのようになったり、事実を隠し立てしたりということはあってはならない事です。
子どもを守るべき立場の者が、何か起きた場合に自己保身に走るということは、傷ついた子どもさんや保護者のことを考えたらこんなに酷い行為は無いです。
こういったことも、今回の教育委員会改革が必要だという議論のきっかけの一つになったのだと思います。

どんな首長が立ったとしても教育に悪影響を及ぼされないようなセーフティネットが何とか出来ないものでしょうか。
今回の改革案をよく見てみると、国と教育との関係の改善を図るという文部科学大臣の是正要求というのがこれに当たるのかもしれないと思いました。

参考までに新聞赤旗の記事を引用したいと思います。
教育委員会「改革」教育の政治支配狙う「戦争する国」づくりへ
(引用はじめ)
第三に、文部科学大臣の権限を強化します。現行法では、「教育権の侵害」などでしか「是正指示」はできず、竹富町の教科書問題では指示がだせませんでした。それが出せるようになります。
(引用おわり)

「竹富町の教科書問題」というのは、平成23年竹富町を含む地区の教科書採択地区協議会が育鵬社版の公民教科書を採択するよう答申し、これを受けて竹富町の教育委員会が育鵬社の教科書の採択を拒み、東京書籍の教科書を採択したという問題です。この問題が教委改革後に起きたとしたら、文部科学大臣が是正指示を出すことができます。
私は、育鵬社の教科書は、現行の教科書の中では一番まともな教科書だと思っていますが、現行憲法が素晴らしいと思っている人にとっては受け入れがたい教科書です。
この採択を拒んだ竹富町に政府が、答申通りの採択をするよう指示を出せるということになります。
ということは確かにセーフティネットと成り得ます。


教育委員会は、戦後にGHQが設置するよう勧告し、できたものです。
とことん日本弱体化を推し進めてきたGHQですから、この教育委員会設置も教育に国からの指示が届かないようにすることが目的だったのだと思います。
やはり改革は必要です。


組織票は強いですが、よりまともな首長を選べるよう、これから私達有権者は心して選ばなければなりません。
選挙結果がそのまま、子ども達への教育に大きく影響するからです。

今回の舛添都知事となった経緯を考えると、自公連立を一刻も早くどうにかしなければならないとの思いが強くなります。

田母神さんも19日のブログ記事の中で仰っています。
(ブログから引用)
戦後レジームからの脱却、憲法改正、国防軍構想、これらに対し公明党は反対であり、与党内野党として安倍総理のやろうとしていることを妨害しているようにしか見えない。日本に自民党の右側にしっかりとした柱を立て、自民党しっかりやってくれという健全野党が生れ、自公連立を解消して、健全野党と自民党による新たな政権が誕生しなければならない。(引用終わり)

政界再編への風をどうにかして起こしていかなければ、と思います。
最近の維新やみんなの党の動きに注目しています。
こんな報道もありました。
維新の石原氏、みんなの渡辺氏が連携一致 政策協議再開へ



にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 23:52| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする