2013年05月11日

【産経新聞】韓国と護憲派の類似点

日本国憲法は、戦後占領していたGHQによって作られた憲法です。
私が受けてきた教育は、目覚めて初めて気付きましたが正に自虐的なものでした。
第二次世界大戦前の日本は軍国主義で、周辺の諸外国を支配し卑劣な行いをし、負けに至った。
正直に言うと、私は日本人であることにずっと自信が持てずに大人になりました。
日本人ではなくヨーロッパやアメリカに生まれたかったと心底思っていた十代でした。
今から考えるとそれは、教育によって自虐史観を刷り込まれていた結果だと思います。
憲法9条は、平和憲法なのだからもう二度と戦争をしないために絶対に守らねばならないと疑っていませんでした。今思うとバカだなと思いますが目覚めるまでの私はお花畑日本人だったと思います。

そこで、タイトルの産経新聞の記事「韓国と護憲派の類似点」です。
以下少し記事から引用します。

引用ここから

「北東アジアの平和のためには、日本が正しい歴史認識を持たねばならない」

 朴槿恵(パク・クネ)大統領は7日のオバマ米大統領との会談でこう述べたという。率直に言ってわけが分からない。
(中略)
今月2日の米国務省の定例記者会見ではこんな場面もあった。韓国人記者が繰り返し「日本の憲法改正に賛成か」と質問したのに対し、ベントレル報道部長が「それは日本の内政問題だ」と2度、強調したのである。

 米国は占領下の日本で、連合国最高司令官(SCAP)が新憲法を起草したことへの批判だけでなく、起草に当たって果たした役割についての一切の言及すらも検閲で禁止したが、今では「改憲は日本の内政問題」と言い切っている。一方で、当事者でもない韓国側がそれに不服顔をする。

 つくづく不思議な構図だが、米国の威を借りて戦勝国・敗戦国の秩序固定化を図り、日本の「戦後」を永続させようとする韓国の姿勢は、日本国内の護憲派のあり方とどこか似ている。
日本の手足を縛り、無力化するための占領政策の柱が現行憲法であるのは疑えない。それゆえに、96条の改正要件を厳しく定めたわけだ。そして今、護憲派は韓国メディアなどと声を合わせて、改憲派に対してこう扇情的に決め付ける。

 「アメリカとともに世界で戦争をするために9条の改悪をしようとしている」(社民党の福島瑞穂党首)

 根拠なく一方的に日本は右傾化、軍国主義化したとあおり、自分で勝手に憤激している韓国そっくりだ。

引用ここまで

67年間もこんな押し付けられた憲法を法律の基礎としていたなんて、悲しい限りです。もういい加減、こんな手枷足枷から解き放たれて真の日本人による日本人の為の憲法に戻して、祖先や未来の日本人に恥じないものを残したいと心から思います。
そして、日本人の為の国会議員であるはずなのに、何故かお隣韓国の姿勢と同じように思える発言を繰り返すというのは一体どういうことなのか、日本国民は改めて冷静に考えてみる時期に来ていると思います。自国の利益になることをしている議員と、平和や人権など一見素晴らしい理念を掲げているかのように見えて実は日本を不利益に導くような事をしている議員の区別をはっきりとさせ夏の選挙に向かう人が一人でも増えることを祈っています。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 20:16| Comment(0) | 憲法改正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。