2014年02月02日

永遠の0

先月「永遠の0」を読み、その後映画も見に行きました。

読後の感想を記したいと思います。

この物語を読み通して、恥ずかしい話ですが、初めて帝国海軍の戦いの流れ、大東亜戦争の実際がやっと具体的に分かってきました。
「永遠の0」を読む前は、他の書籍や遊就館や知覧特攻会館での展示、様々なインタビューや講演など見聞きはそれなりにある程度していたつもりでした。
でもしていたつもりが、実際には全く具体的には把握できていなくて、この物語を通じて数多くのことを知り得ました。
真珠湾、ミッドウェー、ラバウル、ガダルカナル、桜花、特攻。
(例えば「桜花」ですが、このくだりを読んだ時には搭乗員の恐怖まで追体験できたように感じました。)
これらの戦いが、この物語の中で、非常に具体的に複数の視点から描き出されています。

この「永遠の0」はオムニバス形式のように、複数の登場人物が自らの体験を語っていき、それらの積み重ねで宮部久蔵という人物像を描き出しています。
でも、宮部久蔵一人を描き出しているようで、実はその宮部という熟練搭乗員一人の生き様を通して大東亜戦争の実際や、戦った人たちがどのような思いを持っていたのかまでも描き出されているのです。
それら登場人物の個性は多様で、それらの人の各々の視点から大東亜戦争での体験が語られるので、話を読み進めながら自分も追体験しているかのように戦争の状況が分かるようでした。
恐らく、登場人物に自然と感情移入していく物語という形をとっているから、このようにすっと自分の内面に入ってくるのだと思います。

著者の百田さんのインタビューをyoutubeで見ましたが、百田さんは戦地で戦った大正生まれのお父さんの世代と、その孫の世代を繋ぎたかったと仰っていました。
百田さんら子の世代は、戦後よく戦争の話を周りの大人たちから自然と聞いていたそうです。また町には傷痍軍人がいたり、町自体に戦争の傷跡が残っていたりしていたそうです。
でも孫は全く祖父の世代から戦争の話を聞いていないし、そこで戦争の記憶が断絶されてしまっているということに危惧を覚えたそうです。
だからこそこの作品を通じて、戦地で戦った世代とその孫の世代を繋ぎたかったのだそうです。

私の祖父も大東亜戦争で戦い、生きて帰ってきました。でも詳しく戦争の話を聞くことも無いまま、数年前に亡くなってしまいました。
かつての私は、学校で教わった自虐史観そのものの頭で、「日本軍は戦争で悪いことを外国の人にたくさんしたと聞いたけど、おじいちゃんも、もしかしてそうなのかな・・・でも、まさかね。」というような漠然とした思いを抱えていました。
「永遠の0」と出会った若い世代の方の感想は、「おじいちゃんに戦争の話を聞いておけば良かった」という方が多いそうです。
私はこの本と出会うより前に自虐史観から抜け出せて、本当はどうだったのかが少しずつ理解できるようになっていましたが、この作品はこの現代で、とても大きな役割を果たしていると思います。
エンターテイメントの域を超えて、「真の日本の教育」の域にまで達しているのではないでしょうか。
若い世代がこの本を通じて学ぶこと、感じることは非常に大きいと思います。
以前の私のように、本当の日本の戦いがどのようであったのか、当時の世界から見た日本が置かれた立場がどのようであったのかを知らず、本来学ぶべき歴史とは程遠い偽りの歴史観を植え付けられている人が、何かのきっかけでこの本と出合えれば歴史観が必ず更新されるはずです。
映画もいずれテレビで放送されるでしょう。それで多くの人がこの物語に映画からでも接すれば、日本人の歴史観に大きな揺さぶりがかかると思います。
国を大切に思う気持ちも育まれるのではないかと思います。
本来なら学校で自国のこういった歴史を学ぶべきですが、現在の日本の学校教育は戦後の占領体制の影響がまだまだ残っているから公教育には多くは望めません。

百田さんのような作家が日本の今の世に出てきてくれて、このような作品を残してくれて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

読んでいる時は涙が枯れるかと思うほど涙しながら読みました。
後でふと感じたことですが、これほど涙が出るのは、私の中のご先祖様の思いが私の涙となって現れているのではないか・・・と思えてきました。当然根拠はありませんが。

書籍の「永遠の0」はとても長い作品です。でも読み出すとぐいぐいと引き込まれるような力強さがあり、ページ数の分厚さは気になりません。だから評判が評判を呼び、売れに売れているのだと思います。

本も映画も見た私の感想は、本がやっぱり最もおすすめですが、映画も素晴らしかったです。
映画では空戦が現実のような迫力を持って描かれており、本の中だけの想像と相互に補完しあって、より一層戦いを身近に感じることができた気がします。
また、登場人物の一人、景浦という役を演じた役者さんがイメージにぴったりでした。
最後に宮部の孫の健太郎の頭上を宮部が乗ったゼロ戦が飛んでいくシーンがあります。宮部のように、本当に大東亜戦争で戦って亡くなった祖父の世代の方たちがこのように今の日本を上から見ているのではないかとも思えて、とても印象的でした。
映画は、子ども達に絶対に見せたいという思いが強くあり、まだ小学校低学年ですが一緒に見に行きました。
これで今後一緒に靖国神社に参拝しても、どういう人たちがここに祀られているかが少しでも理解できるのではないかと思います。
映画の中で、最も印象的なシーンは大石と宮部が特攻の前日に川に足を浸しながら語らうところです。「将来の日本はどのようになっているだろうか・・・」と二人は語り合っているのですが、この台詞が心にずしんときました。現在のこんな日本を見たらどのように英霊は思うのか、、と申し訳ない気持ちで心がいっぱいになりました。

永遠の0 (講談社文庫)

新品価格
¥920から
(2014/2/2 18:32時点)






にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 16:42| Comment(0) | 読了した書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

いま日本人に読ませたい「戦前の教科書」

日下公人さんの著書『いま日本人に読ませたい「戦前の教科書」』を紹介します。

私は自分が東京出身ということもあるかもしれませんが、以前から江戸に非常に興味があり、寺子屋に代表される教育、無駄の無い循環型社会といった江戸の文化や習俗に憧れています。

江戸に限らず地方でも庶民の識字率が高く、教育レベルは世界と比較しても非常に高かったようです。
そしてそれは明治、大正の教育へと続いていきました。

大正時代は江戸時代の町人文化を彷彿とさせるような明るさがあり、この本ではその大正時代から昭和7年までに使われた教科書の内容が紹介されています。

日下さんは昭和5年生まれで、小学生時代に実際に戦前の教科書を使って育った世代です。
この本の中では戦前の国語や修身の教科書の中の様々な文章が、当時の挿絵や言葉遣いのまま紹介されています。

これが小学校低学年の子が読んでいた文か!という驚きを覚えました。現代の子どもが使っている国語の教科書の内容が何て子どもっぽいのだろう(まあ、当たり前かもしれませんが。。。)と思えてしまう程です。

戦前はこういった教科書が国定教科書とされていて、日本人全員が同じものを使っていたそうです。
だから同じ釜の飯を分け合った仲のようで、同じ物語を大人も子どもも日本人全員が共有していたのは素晴らしいことだなと感じました。「同胞」という意識が養われると思います。

そして扱われている文章の題材に偏りが無くて、歴史上の偉人の興味深いエピソードや日本の地理や自然について、また外国の文化や外国人の寓話も登場します。

豊かな情緒を育むような日本人の美徳の象徴のような話もたくさん紹介されています。例えば、「稲むらの火」や二宮尊徳の話、「青の洞門」のような話です。

日本人の話だけでなく、ナイチンゲールや「燈台守の娘」といった外国人の心温まる物語も採用されています。
また、「我が国民性の長所短所」といった冷静な視点での日本人の性質の分析さえあります。

これらのことから分かるのは、戦前の教科書が非常にバランスが取れたものだったという事です。

日下さんもこの著書の中で仰っていますが、安倍総理の「日本を取り戻す」という言葉がありますが、どんな日本を取り戻そうとしているのかを私達が知ること、これが大切だと思います。

戦後のGHQの占領政策で失われてしまったものは一体何なのかが、この本を読んで少し理解できた気がします。

このような教科書なら日本人としてあって当然の「日本人としての誇り」が自然と備わりそうです。

印象深い日下さんの言葉を引用します。
p,72
「日本人として、世界の中で生きていく自覚や覚悟が、当時の教科書ではしっかりと身につくようにできている。あらためて読んでみると、とてもよくできている。今、このまま採用すればいいのにと思うほどである。」

いま日本人に読ませたい「戦前の教科書」

いま日本人に読ませたい「戦前の教科書」

新品価格
¥1,680から
(2014/1/7 03:08時点)





にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 02:55| Comment(0) | 読了した書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

水間政憲氏の著書 ひと目でわかる 日韓・日中 歴史の真実

「ひと目でわかる 日韓・日中 歴史の真実」 水間政憲

ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実

新品価格
¥1,575から
(2013/5/15 14:36時点)




本日この本を読み終えました。
少し前に中山成彬先生の国会での質疑を見たのがきっかけです。タイトル通り本当にひと目でわかる内容になっていました。写真が多数掲載されており、戦時中の新聞などの記事も厳選されて載っています。きっとこの本を書く際に数多くの資料を洗いざらい目を通されたのだと思います。当時の新聞は戦時の様子をそのままに伝えているようです。現在はマスコミは偏向しているとよく指摘されていますが、当時はそのような状況ではなく、もちろん軍の検閲もなく「何も不自由を感じていない。思ったこと、見たことはしゃべれたし、書いていたよ。」と当時の朝日新聞従軍記者キャップの橋本登美三郎上海支局次長は述べています。
当時の新聞記事は一次史料です。

※一次史料:(wikipediaより)一次史料とは、その当時の生の史料、すなわち同時代史料のこと。古文書、当事者の日記、手記、手紙など、その当時の人物が作成した文書類や収集した事物など。その時代のコインや新聞記事等も一次史料になりうる。

シンプルなことなのに、ここを調べれば偽りのない当時の状況がわかるのに・・・戦後年月を重ねすぎた感があります。でも水間さんは誰が見てもすぐわかるようにこの本を書いてくださいました。
中山成彬先生が国会で取り上げてくださいましたが、
これが長い間タブーとなっていたのでしょうか、NHKはこの動画がアップされるとすぐに削除を申し立てたそうです。どれだけ中山先生の発言が大切かがそこからも分かります。

でも、先ほど産経ニュースで目にしたのですが、橋下徹大阪市長は従軍慰安婦のことで何やらおかしな発言をしたようです。影響力を持っている橋下さんですから是非この本を読んでいただきたいですね。
産経ニュースの記事↓
橋下氏「慰安婦容認していない」と釈明 首相答弁を批判

南京大虐殺があったとされる当時の新聞や、カメラマンの写真からはそのような状況が全く読み取れません。当時の南京で生活していた人々の日本軍への安心しきった様子がはっきりと見て取れる写真や記事ばかりでした。
また、従軍慰安婦と言われていることも実は当時横行していた、南朝鮮人による「少女の拉致や誘拐もしくは養女にしたいと言って連れて行き実は娼婦にする」という事が真相でした。逆に日本の警察がそれを取り締まっていた様子が当時の朝日新聞などの記事に厳選されて載っていました。(きっと多過ぎるほどの同じような事件が横行していたのでしょう。)
尖閣、竹島もいちゃもんを付けられる以前の地図が掲載されており、やはりそれは日本領だという事実を示してます。
これらは一次史料ですから、何か言いたい事がある人々にはそれを見てから発言してくれと言いたいです。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 15:06| Comment(0) | 読了した書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする