2014年01月11日

まるで海賊・・・中国の暴挙

中国、南シナ海でベトナム漁船を破壊
(産経ニュース)

(記事より引用)
南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島付近で今月初め、ベトナム漁船が中国の監視船に追い回され、乗り込んできた中国の当局者に漁具を破壊され魚なども没収される事案が、2件起きていたことが分かった。ベトナムの複数メディアが伝えた。同海域での中国による警察権強化の一環とみられている。

 漁船を破壊された船長によると、中国の大型監視船が3日、横付けし、乗り移ってきた約20人の当局者に武器で脅され、マグロなど全5トンの魚や多くの機材が持ち去られたという。

 また、ベトナム中部を出漁した別の漁船も2日、中国の監視船により同様の行為を受け、こちらの船員は暴力もふるわれたという。

 中国とベトナムが領有権を争うパラセル諸島周辺では、中国によるベトナム漁船の破壊活動が2年ほど前から頻発している。
(引用終わり)

2年も前からこんな海賊のような暴挙が頻発しているなんて・・・この記事を読んで「まるで海賊だな」と思いました。
漁をして捕ったマグロまで奪い、漁具を破壊される・・・ベトナムの漁民にとっては恐ろしいことこの上ないでしょう。

昨年7月の産経ニュースでも以下のような報道がなされていました。

ベトナムが中国に賠償要求 南シナ海、漁船への破壊行為に抗議

やはり今回の報道と同様にパラセル諸島近くで中国船に追い回された上、中国船から当局者がベトナムの漁船に乗り込み、漁船の乗組員は暴行され、船室のガラスを割られたり通信機器などを没収されたそうです。

ベトナムの抗議も空しく、同諸島最大の島に中国は埠頭を完成させるなど実行支配を進めています。
参照:中国、南シナ海・西沙諸島にふ頭完成 実効支配着々(朝日デジタル)


ウイグルやチベットへの弾圧だけでなく、他の周辺諸国へもとんでもない事をし続けている中国。
こんな国と国境を接しているなんて悲劇です。

このパラセル諸島の中国とベトナムとの関係をネットで調べてみると、尖閣諸島を狙う中国のやり方と酷似していることがわかりました。

●中国の尖閣侵略に酷似する、中国によるベトナム西沙諸島侵略


このパラセル諸島沖に石油の埋蔵が確認されたのをきっかけとして、中国は領有権を主張しはじめました。
これは、石油や天然ガスなどの資源の存在が確認されてから中国が領有権を主張しだしたという尖閣の状況と非常に似ています。

パラセル諸島では、南ベトナムがベトナム戦争で弱っている時期に占領してしまいました。占領の過程に、中国側は民間船を用いたそうです。

南ベトナムがパラセル諸島とスプラトリー諸島の主権領有宣言をした後、中国側は海軍艇2隻と民間船(漁船)2隻をパラセル諸島の甘泉島に向かわせ、ベトナム兵を駆逐して占領したそうです。
中国側はその後に、「中国の領土である西沙諸島で操業していた民間の漁船に対し、南ベトナム駆逐艦が領海侵犯であると挑戦してきた。そこで、海軍を漁船の保護のために派遣した。」という声明を発表したようです。

余談ですが、ベトナムは2011年に中国との対立の深まりを受けて徴兵令を出す事態になっています。

これを現在の尖閣の状況と合わせて考えると、中国側の挑発を相手にしないよう注意深く行動することが必要だと思います。

経済評論家の上念司さんの言葉「『悪中論』にも書きましたが、支那への対応の基本は「静謐を保つ」ことです。火の粉は振り払いますが、積極的に相手を滅ぼすようなこともしません。そうやって時間を稼いでいるうちに国内問題で支那共産党は崩壊します。100年単位の戦略で考えましょう。 」
のような姿勢が重要だと思います。

中国は国内の問題が山積しています。崩壊の時は近いと思います。




にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 21:18| Comment(0) | 特亜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

防空識別圏を宣言したがヘタレた中国


中国が防空識別圏の設定を宣言しましたが、日本は相手にしませんでした。
自衛隊機、海保機相次ぎ飛行 菅長官「配慮しない」

まず、この「防空識別圏」とは何なのか?知らなかったので調べてみました。

各国が勝手に設定できる。
本来はその設定を公開する必要がない。
敵対する二国の国境が接していれば、防空識別圏も当然他国の上空までの範囲となってしまう。
その識別圏に入る許可も承認も必要ない。(だが今回の中国は許可を求めるよう勝手に要求している)
日本では防空識別圏内に許可なく(必要ないから)飛行する不明機が多数存在し、それらに必ずしも緊急発進(スクランブル)はかけていない。
この識別圏内を飛行する全ての飛行物体を、味方機なのか、敵機なのか、不明機なのかを識別しますという領域を設定しているに過ぎない。

つまり領空侵犯を防ぐ為に設けられた判断空域ということです。
この圏内を飛行する物体に対して、スクランブルなど防空行動をするか否かは、総合的に領空防護の必要性に基づき判断されるという事です。

今回のこの防空識別圏設定の発表は、中国にとって尖閣の侵略への小さな一歩を狙ったものだったようです。
ですが、その思惑は計算間違いだったようで、日本の強い反発とアメリカの強い日本支持姿勢を引き出し日米の緊密性が明らかになる・・・という結果になってしまいました。
下の記事のような動きもあります。
日本、東京の南1000キロの小笠原島を防空圏に含める検討

中国はこの設定の発表直後にその圏内に日本の自衛隊機が飛行しても、何の反応も示しませんでした。まさにヘタレ。

以前の私の記事「最近の中国の動き アメリカの対応」の中で、中国とアメリカの接近を危惧する内容を書いたことがありますが、これは間違った見方だったのではないかと思うようになっています。

逆に日本の安倍政権は非常に上手い外交をしていると言えると思います。

今回の事でも明らかな中国の勝手ぶりで世界はまたしてもドン引きしたのではないでしょうか。
最近ではスペインに訴えられていますし。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 13:52| Comment(1) | 特亜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

韓国人の反日感情

韓国のことはあまりこのブログで取り上げてきませんでしたが、韓国人の反日感情がかなり深刻なところまで来ているのではないかと感じるきっかけとなる報道がありました。

95歳男「日本統治よかった」発言で殴り殺される 韓国ネットでは「死んで当然」「正義の審判だ」

お年寄りを殴り殺す・・・非常に凄惨な事件です。
日本人ならその行為自体に非道さを感じるのではないでしょうか。
でも上記の報道によると、韓国内ではこの38歳の犯人の男を擁護する声が少なくないそうです。

「そもそも日帝を称賛した時点でジジイは犯罪者だろ、殺されて当然」
「懲役刑? むしろ勲章モノじゃねえか」
「正義の審判だ!」
「裁判官は売国奴!」
このようなコメントが世界日報の記事に多数付けられているらしく、大変驚きました。
これでは擁護どころか殺されたおじいさんが犯罪者のような扱われ方です。

韓国の反日意識はここまで来ているのだという事が心底理解できました。

また、最近靖国神社に不法侵入した韓国人が逮捕されました。

靖国神社に放火目的?で侵入 容疑の韓国人を逮捕 警視庁公安部

韓国のサイトでこの報道を伝えるページにはコメントがたくさん付いていたのですが、そのうちの何個かを自動翻訳サイトにてコピペしてみました。

「心の愛国者!」
「気づかれなかったらもっとすごかったのに」
「韓国に来たら勲章を受ける準備を」
「靖国は近いうちに無くなる運命」
このようなコメントがありました。
こちらの事件も犯人は賞賛されているようです。

反日教育が徹底されてきた結果ですよね。
ある質問サイトで見たのですが、20代のある韓国人男性は小学生の時に、一部ではなく全学生が反日教育を受けていたそうです。子供達の間でも日本の悪口を言ったらいい人で、日本を褒めたら悪い奴という感じだったようです。

韓国の映画やドラマやアイドルなどに興味を持っていて、いつか韓国へ旅行に行きたいという方もいるかもしれません。でも・・・こういった事実を知ってから出かけた方が良いと思います。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 14:29| Comment(0) | 特亜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。