2013年11月01日

山本太郎 GHQ占領政策の一つの帰結


昨日、秋の園遊会にて、山本太郎参議院議員が天皇陛下を「呼び止め」、更に「片手で」手紙を渡しました。

山本太郎参院議員、陛下に手紙手渡しか 園遊会

ネットニュースはこの出来事への関連記事で埋め尽くされています。

私はこの山本太郎議員の行為は、GHQ占領政策の帰結の一つの現れだと感じました。

天皇陛下への不敬。いくら深くお辞儀をしても「呼び止める」という行為の非常識さは隠せません。

そして国民によって選ばれた議員という立場にありながら、また、議員だからこそ園遊会に行くことができたはずですが、山本議員は議員として有り得ない行為をしてしまいました。
彼が何を意図してこのような行為をしたとしても、日本国民に代わって政治に携わる義務のある一議員が、自らの職務を何ら全うしようともせずに安易に天皇陛下に直訴しようとするというのは、怠慢でもあります。
職務を全うしろと言いたいです。


元々芸能人出身という議員ですが、非常に左寄りの方のようです。
ニコニコ動画の政治動画ランキングの上位にランクインしている山本議員のおかしな言動の動画を見ました。
「ベクレてる」発言。
自衛隊の方への侮辱発言。
そして今回の行為。
今回のことで、ある意味やる気の無さが露呈したのですから、もう議員という身分からさよならした方が日本の為です。

GHQが手引きをして設立された日教組。
その日教組の先生による戦後の教育の体現者という呼称が今日の山本太郎議員にはぴったりではないでしょうか。
教育は本当に重要です。おかしな教師が子どもを洗脳する前に、学校に頼らずに民間から子どもを導いていかなければならないと思います。
「平和憲法」と言って、おかしな憲法を有難がるような大人がこれ以上増えないように。

GHQは日本の強さの源を絶とうと、日本人から神道を引き離そうと画策し、明治天皇による教育勅語から始まった修身を停止させ、日本人の根幹となる書物を焚書しました。
そして今、この類まれな国に生まれ育った現代の日本人は、これらの未だに続く「敗戦」体制にどっぷりと浸かったままです。
この国に生まれた幸せ、日本の良さを普段から享受しているのに気付かず、日本を卑下する日本人を歯がゆく思います。もっと自分の国の美点に気づいて欲しいと思います。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 00:11| Comment(0) | 日本の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

アイヌ利権

チャンネル桜のこの動画を見て日本の人権がらみの利権は根深いなと感じました。

【砂澤陣】加速する反日アイヌ政策の実態[桜H25/9/16]

「同和」や「在日」と比べて「アイヌ」というのは全く知りませんでした。

2007年に国連で「先住民決議」というものがあったそうです。
この内容は「日本がアイヌに対して過去に民族抹消しようとした」ということを認めたものです。
国連は日本を貶めようとする活動をさかんにしていますが、ここでも動いていたのですね。
これを認めた国は、その民族に対して資源や文化の補償をしなさいという意味があるそうです。

翌年には日本の国会で、この国連の決議を受けて「先住民決議」が満場一致で可決されました。
ここでは新党大地の鈴木宗男代表が関わっており、議論されないようにしていきなり決議に持っていくというやり方がされました。
これで日本も国内で過去にアイヌにひどい事をしたのは事実だと認めたことになります。
実際にはそのようなことは無かったにも関わらず正に自虐史を国会議員が自ら選んだなんて、それが国民に知られておらずじわりじわりと進められているなんておかしいです。

そして今年の4月に自民党の堀井学議員によりアイヌ施策を速く進めるようにという質疑がなされました。これによってアイヌ政策が加速されつつあるそうです。自民党はいろんな顔を持った議員がいますね。
アイヌの国歌や国旗の要求までされているとのことです。

ここでは在日や同和や沖縄までも絡んでいて共闘体制ができており、アイヌが先導していっているという事に対して驚きました。沖縄とアイヌは30年から40年の共闘関係にあるんですね。そんなに長い間協力しあって反日的な活動を続けていたなんて。根が深いわけです。沖縄が絡んでいるならその背後に中国の影があるのではないかと懸念されます。

差別や人権を叫んで、権利を要求するというパターンですね。
ある種特権階級になっているそうです。

オリンピックに合わせてアイヌの博物館を作り、そこでは「民族共生」がテーマだそうで、これを聞いて民主党の沖縄ビジョンを思い出しました。北から南から日本が侵される危険にさらされています。

このアイヌの動きが活発になるとまた、私たちの税金がそこにどんどん注がれることになってしまいます。
そして日本が残虐なことをしたという事実でないことが事実として扱われ続けることになってしまいます。
問題はこういった事が知られていないということです。
周知をし、これらの問題を知った人は声を上げていかなければ現状は変わりません。
現在いる場でできることをしていこうと改めて思います。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 15:18| Comment(1) | 日本の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

「はだしのゲン」と「竹林はるか遠く」

はだしのゲンについてマスコミが騒いでいます。
マスコミは、はだしのゲンを閉架にしたら、戦争の悲惨さや原爆の悲惨さを知る権利が子ども達から奪われるって言いたいんでしょう。

実は私はこの漫画をちらっとしか読んでいません。
でもネット上にある漫画の断片をちょっと読んだだけですが、判断できます。
私にとってはこれ以上読む価値無い本です。

この漫画、左翼のプロパガンダ本ですよね。

だって何の根拠も示さずに、日本兵が行なった残虐な行為を羅列したり、天皇陛下に対してマイナスイメージを植え付ける言葉を漫画のキャラに言わせたり、日本は悪かったっていう自虐史観にまみれちゃっていますよね。
学級図書なんかにしてまだ幼い子どもにこんな漫画を読ませたら完全に自虐史観に染まっちゃいますよ。
(こんな自虐史観に子どもを染める前に、是非 水間政憲氏の著作の「ひと目でわかる」シリーズをワクチンとして読ませてあげてください。)

原爆の恐ろしさを伝えるという面では、何も批判はありません。
私が問題視しているのは、上記の部分です。
日本兵の残虐な行為として列挙されている部分からは「通州事件」を自然と思い起こしました。
よっぽど日本を悪い国に仕立て上げたいんでしょうね。
日本を悪い国にさせておきたい誰かの頭で思いつく残虐行為がそれなのでしょう。
強制連行という事もそうですが、やっていない事の証明は難しいし、それがあったと主張している側の証拠はただの証言しかないんですよね。(「私の体が覚えてる!」とか・・・)
原爆にしても、日本が悪かったから落とされたとか描いてありそうですね。。

マスコミや、この本を学校に置かせている人々は日本人の子どもを萎縮させ続けたいんですね。

このはだしのゲンで「竹林はるか遠く」という本を思い出しました。
ある日本人が大東亜戦争末期に朝鮮半島から命からがら日本へ逃げ帰ってきた体験の実話を本にしたものです。
日教組の教育を受けてきた人には、かなり目の覚めるような内容だと思います。
実は当時日本人が朝鮮人やロシア軍人から暴挙を受けていたという体験が描かれているからです。
実はこの本も読んでいないのですが、でもこれははだしのゲンとは違い、今後絶対に読んでおきたい本だと思います。
自虐史観を植え付けるゲンと違い、この本は日本人が被害者だった事実が分かるので、是非子どもに読ませたいです。
アメリカで多くの学校の副読本として採用され読まれていたそうです。
(アメリカが最大の加害国の一つだと思える私にとって意外ですが、でもこの本には当時のロシア軍と朝鮮人からの加害を受けた日本人を描いているからアメリカ的にOKなのでしょうか)
在米韓国人がこの内容に反対し、学校で読ませないよう抗議する運動をしていたそうですが・・・。

子どもたちがはだしのゲンを読む前に水間さんの著書や「竹林はるか遠く」を読ませましょう!


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 18:44| Comment(0) | 日本の現状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする