2013年09月02日

サウジアラビアのテレビ番組

今日、偶然目にしたテレビ番組内で、非常に興味深い内容が放送されました。

サウジアラビアの「ハワーテル改善」というテレビ番組が紹介されました。
その番組は「戦後急速に成長を遂げた日本の秘密を、日本で取材しながら探ろう」というコンセプトで作られていて、「日本にはアラブ人が見習うべき良い習慣や行いが至る所に溢れている」と様々な日本の当たり前の習慣や日本人の何気ない行動が、司会者の驚きを交えながら取材されていたんです。

例えば、日本の引越し業者が荷物を守る為に行う梱包作業を「思いやり」のサービス・梱包材の再利用も「もったいない精神!」と、とても感激しながら紹介していました。

次に、日本の工事現場では当たり前のヘルメットや安全靴の着用にも驚きながら紹介していて、サウジアラビアの工事現場ではこれらが非着用で危険だから日本を見習おうと、またまた感激していました。

更に、日本人は列に並ぶ時に場所取りがされていたらキチンとその場所を空けておくという行動にもすごく感激して、アラブでは人を見たら泥棒だと考えるが、日本人は人を信じると大絶賛していました。

これらの事って日本人からしたら当たり前の事ですよね。
でも世界から見たら、それは当たり前でなく、驚くほどの尊い行動なんだと気づかされる良い番組だなと思いました。

興味が湧いたので、ちょっとネットで調べたら、このサウジの番組は2009年に全30回のシリーズとして放送された国民的人気番組で、この番組がきっかけとなりサウジアラビアでは日本ブームが起きているんだそうです。

サウジアラビアはアラブ諸国の中でも厳格にイスラム教の教えを守る国だそうです。
そんな人々が私たち日本人の当たり前の行いを大絶賛してくれるというのはくすぐったいような、「えっ?こんなことがすごいの?!」と逆にびっくりしてしまいます。
番組名の「ハワーテル」というのは「思考・知識」という意味で、中東全域20カ国で放送され大ブームを起こしたようです。
司会者兼レポーターの方はアラブの大スターなんだそうです。
この司会者の方がかなりいい味を出していて、日本の魅力を熱っぽく紹介しています。

youtubeでこの番組を紹介している動画を見つけたので貼り付けておきますね。
是非ご覧になってください。


竹田恒泰さんの著書の「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」を読んだ後もそう感じましたが、このサウジアラビアのテレビ番組も、日本人であることに自信を取り戻せる内容です。
30回分の放送を全部見てみたいです。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 23:08| Comment(0) | 海外の反応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。