2014年02月16日

舛添氏の朝鮮人虐殺発言と、都教育委員会の「江戸から東京へ」の取り組みの矛盾

舛添氏の都知事就任会見で、「?」と思うような発言がありました。


(舛添要一都知事)
「特に危機管理という面において、これから防災ということをやらないといけない時に、小さな危機管理ですけども、新型インフルエンザの危機管理をやりました。
で、例えば関東大震災の時に流言飛語っていうことで、非常に困った朝鮮人の虐殺なんてことがありました。
あれは正しい情報が伝わらなかったんで、新型インフルエンザの時は、できるだけどんな時間でも新しい情報を伝えると。従って朝は六時、深夜は一時まで何かあればお伝えするということで、メディアの皆さんも大変協力していただきましたし・・・」


危機管理や防災ということを話している時に、唐突にねじ込んできた感のある「朝鮮人の虐殺」という言葉ですが、何かのメッセージなのでしょうか?



現在政府も高校での日本史を必修化とする検討をしているようですが、都立高校では、国に先駆けて日本史が既に必修となっています。そして「江戸から東京へ」という独自の歴史の教科書があります。

東京都教育委員会のサイトには、「「江戸から東京へ」テキスト(教科書)の作成について」というページがあります。

これによると、「東京都教育委員会は、日本人としての自覚を高めるため、高校生に日本史を継続して学ばせることが重要である、という基本的な考え方に基づいて、都立高等学校における日本史の必修化を決定し、東京都独自の日本史科目「江戸から東京へ」を開発することとしました。」という目的のために開発されたテキストなのだそうです。

「江戸から東京へ」テキスト(教科書)について(都教育委員会)
(上記のリンクから実際の教科書の内容を確認することができます。)

この「江戸から東京へ」の目標の中には、「日本の伝統や文化とその価値に対する理解を深めることで、国際社会に主体的に生きる日本人としての自覚と誇りを養う。」という文言も含まれています。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr101216/pr101216_1.pdf

国ができないことを地方自治体が援護するようにリードし、国が認可できない教科書を作るというのは、非常に素晴らしい取り組みだと思っていました。

そしてこの「江戸から東京へ」は、歴史の学校教育で省略されがちな近現代史を、詳しくわかり易く順を追って纏められています。
歴史教科書にありがちな年表のような感じの事実の羅列ではなく、読み物のように理解しやすい内容です。
高校生が学ぶ歴史教科書としては、自分の住む街、国を愛する気持ちをはぐくめるような、検定教科書にはあまり見受けられないような、画期的な内容になっていると思います。
独自の教科書なので、教科書検定の近隣諸国条項とは無関係ということもあると思いますが、石原氏や猪瀬氏や教育委員の方々が、近隣国からの批判を恐れない筋の通った毅然とした態度で教育に臨んでいたからこそ可能となった貴重な成果です。

実際に多方面から批判を浴びてもいるようです。批判している方は、反日的思想をもっている方々なのではないかと見受けられます。
『江戸から東京へ』―政治家の意向を受けて内容が変えられる
『教科書』があってはなりません
歴史教育者協議会

韓国のソウル市などから抗議書簡が都教委あてに発送されたこともあるそうです。
マッカーサー証言が教科書に
 〜東京都日本史必修教材〜



平成25年度の最新版では、23年度版で問題を指摘されていた「竹島や尖閣諸島に関する記述」や「北方領土の不法占拠について」、南京事件の「多数を殺害」という記述なども修正されました。
また、「日本はなぜ戦争を始めたのか?」というページが加えられ、大東亜戦争が自衛戦争だったという説やソ連の謀略だったという説も記載されています。
教科書『江戸から東京へ』の内容の一部修正について(リンク内に修正箇所を分かりやすく対比しているPDFあり)


更に、この「江戸から東京へ」の最新版では、もう一箇所改定された箇所があります。

実は、その箇所は舛添都知事の先ほど引用した就任会見での言葉にもつながるものです。

それは「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑」に関する記述で、23年度版では「大震災の混乱のなかで数多くの朝鮮人が虐殺された」と記述されていた箇所を、最新版では「碑には、大震災の混乱のなかで、『朝鮮人の尊い命が奪われました』と記されている」と書き換えられています。
つまり虐殺ではなく、奪われましたという表現に変わったということです。


これに関して東京都教育委員会は、「いろいろな説があり、殺害方法がすべて虐殺と我々には判断できない」というコメントを出しています。


東京都教育委員会の委員は、議会の承認を得てから都知事から任命されます。

就任会見での、朝鮮人虐殺に関する物言いは、明らかにこの「江戸から東京へ」の最新版の修正などの取り組みに逆行する発言だと思われます。

「いろいろな説があり、虐殺かは判断できない」という教育委員に対し、「朝鮮人虐殺があった」と言う都知事という図式は矛盾をはらんでいます。
今後、東京都教育委員会のこの画期的な歴史教育の取り組みが、舛添都知事によって改悪されることの無いよう、都民はしっかりと監視していかなければならないと思います。

百田さんは田母神さんの応援演説で、田母神さんが負けたら日本が五年十年遅れることになるという主旨の発言をしていました。
今まで積み重ねた東京都の歴史教育が、日本を牽引していたとも言える取り組みが、そのようなことにならないよう、今後厳しく舛添都政を見ていこうと思います。



にほんブログ村


人気ブログランキングへ

posted by やまと at 23:04| Comment(5) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

今回はネットの情報じゃなくてメディアの数字が正しかった 今後にどう繋げていくか


都知事選、終わりました。

実は、私は田母神さんの著書は2冊ほど読んだ程度で、余りその人となりを知りませんでした。
でも今回の選挙で応援させていただいて、心底その人間的魅力に魅了された一人となりました。
私のような方は多いのではないかと思います。

田母神さんはとても優しく、楽しい人物で、周囲の人への配慮を忘れない、また自分の過去の言説に対して全くぶれない強さを持ち、そして政策を発表すれば具体的であり、自らの利益の為ではなく公の為に行動する人で、本当に素晴らしい日本人だと思います。
負けるかもしれない戦に、今回先頭に立った田母神さん、本当にお疲れ様でした。

田母神氏を応援した皆さん、ツイッター等で見ていると相当な努力をなさっていたようです。
厳寒の中でのポスティングやボランティア、ネットで田母神支持者を増やすべく活動された方、また家族など周囲の方々に田母神さん支持をお願いした方、本当にお疲れ様でした。

確かに残念な結果に終わりました。
でも日本の今後をどうにか良くしていくには、今回の選挙で得た情報を元に、今後どう行動したら同じ思いの仲間を増やせるかという事を考えていくきっかけとしなければならないと、私は思いました。

「泡沫から主要4候補になって、組織票が無い中、61万票を得た」と、喜んでしまうだけでは駄目だと思うんです。

これは田母神さんを候補者として立てた陣営の(チャンネル桜関係の)方が考えるべきことですが、初めからマスメディアが敵というのは分かりきったことなので、これへの対策を事前に考えるべきでした。
マスコミは、安倍さん然り、百田さん然り、親日本の立場の人を批判し封じ込めようとします。
田母神さんの存在も同様です。
朝まで生テレビや報道ステーションで不当な扱いを受けても、それは予想できたことです。
もちろんそういうマスコミの姿勢は批判して当然ですが、それを敗因としてしまうのは余りに安易すぎると思います。
それは当然あるものと予測しつつ、それへの対応を前もって考えておくというのが本来のあり方だと思います。

選挙戦の途中で、ネットのアンケートでは田母神さんが断トツで一位という結果がありました。
これによってネットの田母神支持者は私も含めて、期待感を増していましたが、実際にはテレビなどの報道通り4位という結果だったということを冷静に見なければならないと思いました。

マスコミは嘘ばかり言う。というのもある面事実です。
でも今回の順位に関しては、大方マスコミの発表の数字が当たっていました。
永遠の0の大ヒットという事もあり、日本を大切に思う人々が増えているというのも事実だと思いたいですが、今回の結果を踏まえれば、それほど多くは無いのだということが分かりました。
日本の右傾化と言われたりしますが、そんなことは無いという結果が出ました。

評論家の古谷経衡氏のこちらの記事が、的確にこのことを指摘していて大変参考になります。
都知事選で見えた「ネット保守」人口=250万人
(記事から引用)
日本は右傾化しているわけでもなく、ネットの世論が日本を変えているわけでも動かしているわけでもない。数字に基づいた冷静な判断と批評が必要である。250万人はこの国のマジョリティを代表するには遥かに及ばないが、また黙殺できる数の人々でもない。この事実が判明しただけでも、今回の都知事選は大変に意義のあるものであったと私は思う。
(引用終わり)

この数字が具体的に分かったことは今回の収穫でした。
ネットの愛国者は、これをしっかり受け止めて、今後どう行動したら良いかをそれぞれの立場で考えていったら今後に繋げていける!と思います。

また、ある調査結果によると、20〜40代までの世代の田母神さんへの投票率が高いというのも知っておくべき重要なことだと思います。
年代別投票結果.png

若い世代が目覚め始めているのは、確実です。

こういったことを今後どう生かしていったら良いのか。。

私自身に関して言えば、年代別の結果から、まず自分の両親に、思うところを諦めずにコツコツと伝えていきたいと思いました。
そして、同年代の友人知人にも、さり気なく伝えていこうと改めて感じました。
「何か宗教でもやり始めたの?」と冗談交じりに言われることもありますが、そういった反応を恐れずに地道に「日本てすごいんだよ」話、歴史、教育、おかしなマスコミ話などをもちかけていきたいと思います。

また、ネットでも同じ思いの人だけに情報発信するのではなく、新しい層に気づいてもらえる努力をしていきたいと思いました。

そして、これからの世代、つまり子どもたちに本当の日本の歴史、日本の良さを教えていこうと思います。

これは、長期戦になると思います。今は歴史特に近現代史や、帝国憲法や、戦前の教育、GHQの占領政策でなされたこと、経済に関してよく学んで力を蓄えていきたいと思います。



にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 13:58| Comment(7) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

投票済証で割引・特典 東京ってやっぱりすごいね!


今日は東京都知事選の投票日ですね。
昨日は吹雪だったんですよね。都民の皆さん、大変でしたね。
私も生まれも育ちも東京なので、そういう日の東京がどれだけ大変かよく分かります。

でも今日は一転、快晴になっているようですね。
夕方までには、ある程度、雪が溶けるんじゃないでしょうか。

投票に行って、将来に期待の持てる東京を手に入れましょう!!
足元には十分、気をつけてください。

そして、何とびっくりする情報を見つけたんですが、東京に住んでいる人はもう知っていますか?

一票入れたら…選挙割 投票済証見せ割引・特典

小平市や国分寺市の飲食店など二十店舗がランチ時のドリンク一杯無料サービスやチョコレートのプレゼントなどの特典を用意

下北沢の輸入レコード・CD販売店「DISC SHOP ZERO」では、都知事選で交付される投票済証を持ってきた人に、十六日まで全商品を一割引

いろいろ住民レベルで投票率を上げようと行動を起こしてくれているんですね。

とっても素晴らしいです。

投票へ行こう! 協力店リスト
上記は、小平市や国分寺市や国立市の、投票済証を見せると特典が受けられるお店のリストです。

そしてこちらも。
【都知事選】選挙にいくとちょっと得する「選挙割」

アイスクリームショップ「ベン&ベリーズ」では、投票日の12:00までに特設サイトから投票宣言した人全員に、表参道ヒルズ店、コピス吉祥寺店、ららぽーと豊洲店でスモールサイズのアイスクリームを1つ無料プレゼント

千駄木cocktail & shot bar 壱八では、2月9日〜16日の間、「投票済証」を提示した場合、フルーツカクテルを1杯無料で提供

他にもいろいろあるようです。

【都知事選】投票済証を貰ってちょっとお得なサービス「選挙割」を受けよう【行こう】

東京都知事選 ちょっとお得な「選挙割」を行っているお店まとめ

ツイッター 「選挙割」検索結果

都民の皆さん、投票に行きましょう
投票に行ったら、投票済証を必ずもらうのもお忘れなく

ちなみに・・・
投票済証のもらい方はこちらを見てみてください→→→あなたの町の「投票済証」みせて!



にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 14:17| Comment(2) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする