2014年06月22日

実際は「談話」じゃなくて、「河野談合」だった


6月20日、政府の検証結果が公表されました。

『1991年12月以降、韓国側より複数の機会に、慰安婦問題が宮沢総理訪韓時に懸案化しないよう、日本側において事前に何らかの措置を講じることが望ましいとの考えが伝達された。また韓国側は総理訪韓前に日本側が例えば官房長官談話のような形で何らかの立場表明を行うことも一案であるとの認識を示し、日本政府が申し訳なかったという姿勢を示し、これが両国間の摩擦要因とならないように配慮してほしいとして、総理訪韓前の同問題への対応を求めた。』

・・・まずは韓国からのやんわりとしたおどしがあったんですね。

『韓国側からは、調査結果発表前に、当該調査を韓国の政府および国民が納得できる水準とすることや、調査結果発表について事務レベルで非公式の事前協議を行うことにつき申し入れがあった。』

・・・結局、韓国の言うとおりにしたんですね。

『また、発表直前には、韓国側から、調査結果自体の発表の他、当該調査結果についての日本政府の見解の表明、調査に続く措置の案の提示が含まれるべき旨意見が呈されるなど、調査結果の発表ぶりについて韓国側と種々のやりとりが行われた。』

まさに談合です。

『慰安婦募集に際しての「強制性」について、どのような表現・文言で織り込むかが韓国側とのやりとりの核心であった。』
『8月4日の談話発表に向けて日本側事務方が用意した応答要領には、韓国側と「事前協議は行っておらず、今回の調査結果はその直前に伝達した。」との応答ラインが記載された。』

内政干渉そのものです。しかも、「談合」したってことは内緒にしとけって。。


もうこんな河野談話、根拠にできないですよ。だって政府の検証の結果がこうだったんですから。

『日本側は(中略)、関係省庁における関連文書の調査、米国国立公文書館等での文献調査、さらには軍関係者や慰安所経営者等各方面への聞き取り調査や挺対協の証言集の分析等の一連の調査を通じて得られた、いわゆる「強制連行」は確認できないという認識に立ち、』

いくら探しても見つからない強制連行の証拠の代わりに、しつこく韓国が自国の有利になるよう交渉してきたんだってことです。

今後はネットでもネット以外でも河野談話のことが話題に上ったら、「あれは談合だったんだよ」と教えてあげましょう。



にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 14:42| Comment(0) | 河野談話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

河野談話見直し署名 維新の議員さん達が作ってくれた流れに乗ろう

維新の会の議員さん、頑張ってくれてます。

私達日本人も、日本の「お客さん」じゃないのですから自ら行動していきましょう。

・・・という私もまだ実は送っていないのですが、家族分の署名は済ませました。

署名は自分一人分でも、家族の人数分でもどんどん送ったら良いと思います。

3月末が締め切りです。

署名用紙のPDFファイルを印刷して、FAXか、郵送で送りましょう。

署名用紙.png

自宅にプリンターが無くても大丈夫です。

net print
↑このサイトを使うと、セブンイレブンのマルチコピー機でプリントできます!


「河野談話」見直し求め、千葉で署名活動 維新議員ら
2014.3.9 21:04 産経ニュース
慰安婦募集の強制性を認めた「河野洋平官房長官談話」の見直しを求め、日本維新の会の田沼隆志衆院議員(比例南関東)事務所は9日、千葉市中央区のJR千葉駅東口で署名活動を行った。同事務所によると、午後の4時間で238人が趣旨に賛同し署名した。
(中略)田沼氏によると、今後も維新を中心とした全国の議員らが街頭で同様の署名活動を行う予定。同氏の事務所は市内の主要駅で今月末まで週末に活動する。


署名用紙はコチラにもあります。
(中山成彬議員のホームページから署名用紙のPDFファイルがダウンロードできます)


にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 23:52| Comment(2) | 河野談話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

政府内に河野談話検証チームを作る方針!山田宏議員お疲れ様でした

素晴らしい質疑をしてくれた山田宏議員は「過去に感謝できない国は亡びる」が信念なのだそうです。
全く同意!ですね。
山田宏議員.png

過去に感謝せずにいられない国が日本ですし。

山田議員は2月28日の予算委員会でも”念押し”の質疑をしてくれています。


山田議員は、国民の声として、産経新聞・FNNの世論調査の結果を紹介しました。
58・6%が河野談話を「見直すべきだ」とし、元慰安婦に対する調査のあり方などを「検証すべき」66.3%という国民の声に対し、政府は応えるべきだと発言しています。

政府が直接言いにくいことをずばずば指摘する維新の会のこれらの動きには胸がすく思いになります。この機会・機運を逃さずにしっかりとやり遂げてほしいと思います。

また「検証するな!」という韓国の反応に対し、『本当に事実だと胸を張れるなら「どうぞ検証してください。」というのが普通の反応であって、検証するなと言われればなおさら検証しなければならない』とするどい突っ込みも入れてくれてます。



「慰安婦調査」政府内に検討チーム 菅長官が明言、韓国とのすり合わせ経緯も検証
産経ニュース 2014.2.28 11:46
菅義(よし)偉(ひで)官房長官は28日午前の衆院予算委員会で、慰安婦募集の強制性を認めた「河野洋平官房長官談話」の根拠となった元慰安婦の聞き取り調査などの再検証について「秘密を保持する中で、政府としてもう一度確認することが必要だ」と述べ、政府内に検討チームを作る方針を表明した。再検証後には国会に報告する用意があるとの考えを示した。日本維新の会の山田宏氏への答弁。

 菅氏は、石原信雄元官房副長官が20日の衆院予算委で、慰安婦問題をめぐる韓国側の対応に関し「河野談話を出した当時の日本政府の善意が生かされていないのは非常に残念だ」と述べたことに対し「石原氏の誠に偽らざる思いだった」と指摘した。談話作成にあたり韓国側とすり合わせが行われたことについては「どのような形で行われてきたか、しっかり検証したい」と語った。

 安倍晋三首相は、世論調査などで再検証を求める声が高まっていることに関し「政治家は歴史に対して謙虚でなければならない。同時に政治家の仕事の評価は歴史家や専門家に任せるべきだという思いを新たにしている」と述べた。



山田議員は更に、『日本の現状や日米関係を考えると政府の立場はなかなか難しいし、政府が一歩も二歩も踏み出していくことは良い結果にならない。よって立法府である国会の中で、政府の調査結果をきちんと検討できる機関を設置する必要がある』という考えも示しました。

また、外務省のこういう問題への対応方法へも厳しくお灸をすえました。
請求権を放棄した条約がある、見舞金も出した等と言っても、「20万人を日本軍が強制連行して性奴隷にした」という強力な発言の前では事実だと認めたことになってしまって意味が無いのだから、「そんなことは無かった」とはっきり言うべきだと指摘しました。

そして、安倍首相の次の記事の発言も引き出してくれました。
首相、日本おとしめる中韓プロパガンダに対抗明言 政府の広報強化の意向
産経ニュース 2014.2.28 22:10
安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、国際社会で対日批判を展開する中国、韓国を念頭に「日本をおとしめようとするキャンペーンが海外で展開されているのは事実だ。現実の日本とは全く違う姿をプロパガンダしている」と述べ、強く非難した。安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、国際社会で対日批判を展開する中国、韓国を念頭に「日本をおとしめようとするキャンペーンが海外で展開されているのは事実だ。現実の日本とは全く違う姿をプロパガンダしている」と述べ、強く非難した。首相は「しっかりとした広報を戦略的に考えていきたい」とも語り、中韓両国に対抗して政府の広報機能を強化する意向を示した。首相は「しっかりとした広報を戦略的に考えていきたい」とも語り、中韓両国に対抗して政府の広報機能を強化する意向を示した。
 これに関して、山本一太領土問題担当相は28日、アジア・太平洋地域に駐在する日本大使を集めて外務省で開かれた会議に出席し、「中国との厳しい情報戦で相手を論破していくため、全人格をかけて相手政府に食い込んでほしい」と指示した。会議には中韓両国をはじめ、東南アジア各国の大使ら約30人が出席した。

 第2次安倍政権で初めて設けた領土問題担当相の山本氏が、外務省で大使向けの指示を出すのは初めて。山本氏はこれまで、尖閣諸島(沖縄県石垣市)や竹島(島根県隠岐の島町)の日本の領有の正当性をアピールする動画作成などを主導してきた。

 政府は中国や韓国の不当な主張には積極的に反論するよう各大使に求めているが、山本氏は「メディアに出演するときは、事前にどう主張するかという戦略をきちんと練ってほしい」と具体的に指示。各大使の取り組みを政府として評価し、効果的な情報発信をしている大使館には予算や人員を増強するよう首相に提案する考えも示した。


最後に、「(井上幹事長の発言)防衛政策を決めるのに近隣諸国の理解も必要だと言う与党である公明党」に対しても釘を刺し、隙の無い素晴らしい質疑でした。


維新・山田宏衆院議員「河野談話の真実を明らかにする」 単独インタビュー
zakzak 2014.02.28
日本と日本人を貶めている「河野洋平官房長官談話」を、見直す機運が高まっている。産経新聞・FNNの合同世論調査で、58・6%が「見直すべきだ」と回答しているのだ。中身が注目される、元慰安婦の聞き取り調査報告書と、日韓両政府間で交わされた外電。国会で、河野談話のずさんさを暴き、再検証・再調査を主張している日本維新の会の山田宏衆院議員が、夕刊フジの単独インタビューに応じた。

 「大事なことは、(河野談話の)真実を明らかにすることです」

 20日の衆院予算委員会で、衝撃証言を引き出した山田氏は語った。

 談話発表当時(1993年)の事務方トップ、石原信雄元官房副長官は参考人として出席し、「(談話のもとになった元慰安婦16人の聞き取り調査について)事実関係の裏付け調査は行われていない」「女性たちを強制的に(慰安婦に)従事させるという種の文書は発見できなかった」と証言した。

 これを受け、菅義偉官房長官が聞き取り調査の再検証について検討すると語ったところ、韓国は「両国関係の基礎となっていた、正しい歴史認識の根幹を崩すことにほかならない」(外交当局者)と猛反発したのだ。

 山田氏は「そんな言い分は通らない」といい、こう続けた。

 「河野談話の作成や発表にあたって、韓国側から強い要請があったことは報じられている。聞き取り調査報告書などを再検証するとともに、日韓両政府間でどんなやりとりが交わされたのかも明らかにすべきだ。当時の外電が存在すると聞いている。情報開示して事実を明らかにする必要がある。韓国は、河野談話の中身を『事実だ』と言い続けてきた。ならば、日本が『検証する』と言っても、喜んで協力を申し出るはずだ」政府の再検証とは別に、山田氏は「河野談話の真実」を明らかにするため、石原氏以外にも、当時の関係者の国会招致を検討している。

 「まず、内閣外政審議室長として実務を取り仕切った谷野作太郎氏だ。どうして聞き取り調査からたった4日間で、河野談話が作られたのか経緯を話してもらう。談話には強制性を示す言葉がちりばめられているが、調査に由来するものか、韓国の要請で加えられたのかも明確にしたい」

 そして、最大のターゲットは河野氏だ。日本をここまで貶め続ける談話を発表しながら、説明責任から逃げている

 「最終的に判断したのは政治家である河野氏だから、背景について責任を持って話してもらわなくてはいけない」

 山田氏としては、安倍晋三首相も菅義偉官房長官も「真実を明らかにしたい」という思いは一緒だと確信している。唯一の懸念は、日韓関係の悪化や、中国の介入を懸念する米国の思惑だ。

 このため、「河野談話の検証は、政府ではなく国会でやるべきだ。福島原発事故の調査委員会のような形がいい。法律や歴史の専門家を集める。メンバーに外国人を入れてもいい」と語る。

 日本の名誉を取り戻さなければならない。(安積明子)




にほんブログ村


人気ブログランキングへ
posted by やまと at 00:29| Comment(7) | 河野談話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする